Life Sciences

,

スイスは世界で随一のライフサイエンス・クラスターを形成しています。
Novartis、Roche、Syngentaのような化学・医薬品企業の他医療技術バイオ・ナノテクロノジー分野には企業の密接なネットワークがあります。
ライフサイエンス産業は国際市場指向で、収益の98%は外国で生み出されます。
スイスが輸出する製品の40%は化学・医薬製品で、スイスの最重要輸出品となっています。
スイスは一流の総合大学、工科大学、資金力が豊富で研究設備が整った医薬品メーカーのおかげで有能な科学者が数多くいます。
グローバル・イノベーション・インデックス2014年度版によれば、スイスは世界で最もイノベーション力が高い国です。
新しい特許申請及び会社設立とハイテク企業の数が反映されるいわゆるイノベーション出力において、スイスは世界でトップクラスに位置しています。
スイスのイノベーション力は研究開発への多額の投資と直接的な関係にあります。
スイスの国内総生産の約3%、すなわち約160億スイスフランが研究開発費に投資されています。
そのうち3分の2は一般企業が負担しています。
世界の有数な企業立地と比較すると、スイスのライフサイエンス分野は最も高い生産性を誇ります。
 
Slider Content 

医薬品立地としてのスイス

スイスは高度に専門化された医薬品の生産地として世界的な名声を博しています。

医薬品立地としてのスイス

医療技術立地としてのスイス

スイスの医療技術は世界をリードする役割を果たしています。スイスほど国内総生産のうち医療技術分野が占める割合が高い国は他にありません。

医療技術立地としてのスイス

バイオテク

スイスは欧州で最も強いバイオテク立地の一つです。重要なイノベーションと研究と開発の協力により、スイスには250以上のバイオテク企業が成功のための一歩を踏み出しています。

バイオテク