セクター

,

スイスの労働者のほぼ半分は知能集約型の分野で働いています。ハイテク製品はスイスの経済成長と素晴らしい評判の礎になっています。ハイテク製品の約4分の1は輸出されています。

スイス北西部には、世界でも例がないライフサイエンスのクラスターが形成されています。Novartis、Roche、Syngentaのような化学・医薬品企業に加え、医療技術バイオ・ナノテクロノジー分野では会社の密接なネットワークがあります。産業分野では機械、電気、金属(MEM)産業が主要な位置を占めています。ABB、Alstom、Bombardier、Sauer、Schindlerなどの多国籍企業・大企業はスイスに所在しています。ジュネーブとシャフハウゼンの間には伝統的なスイス時計産業地帯があり、精密技術クラスターを形成しています。スイスでますます重要になっているのは情報通信分野です。スイスの工科大学と研究機関の周辺にはIBM、Google、Microsoft、Siemens、Disney、HPのような多国籍企業が進出しています。クリーンテクノロジー分野ではスイスの企業は二酸化炭素の排出削減とリサイクルに取り組んでいます。

 

スイスの企業立地に関する重要な分野についてご覧頂き、該当のファクトシートをダウンロードして下さい。

Slider Content 

ICT立地としてのスイス

情報通信技術(ICT)はスイス経済のカギとなるテクノロジーです。ICT活用によって生産性が上がることでほぼ全業種が利益を受けています。

ICT立地としてのスイス

スイスの主要機械、電気装置、金属産業

スイスでは主要機械、電気装置、金属産業の従事者が33万人以上で、最大の労働グループになっています。

スイスの主要機械、電気装置、金属産業

ライフサイエンス

スイスは世界で随一のライフサイエンス・クラスターを形成しています。

ライフサイエンス