成功談

Prodyna

Prodynaは、ドイツで創立されたコンサルティングとソフトウェアの大手企業です。 同社は事業の拡大に成功したことを受けて、拠点をスイスに移すという戦略的決断を下しました。 決定的だったのは、イノベーティブなソフトウェアソリューションやITコンサルティングに対して大きな需要をもつ経済圏でした。

Prodyna
Christoph Körner氏(CEO): 「わが社はオープンさや情熱をもってスイスで迎えられました。これはわが社にとって非常に印象的で、モチベーションを上げることができました」

PRODYNAはイノベーティブなコンサルティングとソフトウェアを提供する企業で、中小企業ならびに大規模なコンツェルン向けの複合的なビジネス・アプリケーションやウェブ・アプリケーションに特化しています。 同社は1991年に創立され、2000年4月に現在のマネジメント体制に引き継がれました。 その後、急成長を遂げ、ドイツ市場でトップの座につきました。 分野を問わず、DAX上場企業の約3分の2が同社の顧客です。 さらに拡大を続けたことから、戦略的な拠点の変更を検討することになりました。 ジュネーブのskyguide社から大口の受注を受けたことがきっかけで、PRODYNAのスイス進出は事実上決定し、スイスに長期にわたって足場を築くという願望が生まれました。 グループCOOとPRODYNA(スイス)AGのCEOを兼任するChristoph Körner氏は、この決定に際して税制上の問題はまったく考慮しなかったと強調しています。 それ以上に、スイスという立地と、この国の経済的に有利な環境が決定的だったと述べています。 「わが社では、スイスにはイノベーティブなソフトウェアソリューションやITコンサルティングに対する需要の大きい魅力的な市場があると、かねて確信していました」。

飛躍のきっかけにもなりうる魅力的な市場

Körner氏は拠点開設のプロセスに感銘を受けています。 「Swiss Business Hub Germany主催の最初の説明会から、州やバーゼルエリアの経済支援を担当するエージェントとの具体的な立地に関する議論、さらにスイス連邦工科大学(ETH)や各大学とのコンタクトの仲介まで、一貫してプロフェッショナルな対応、サービス志向、親切さは紛れもなく最高レベルのものでした。 わが社はオープンさや情熱をもってスイスで迎えられました。これはわが社にとって非常に印象的で、モチベーションを上げることができました」。 バーゼルでの拠点開設はスムーズに進み、経営は順調です。PRODYNAはこうして、エネルギー分野や小売業のスイス企業との興味深い新プロジェクトに着手することができたといいます。 今日までに、同社はドイツ、スイス、セルビアに8つの拠点を構えています。近いうちにオーストリアにさらに1つの拠点が開設される見込みです。 Körner氏は、同社がフランス語圏スイスでも展開すれば、フランス進出のきっかけになりうると考えています。 しかし、まずはスイスに焦点を絞るとしています。 「わが社はここでとてもよいスタートを切りました。スイスの企業と、非常にイノベーティブな経済環境のなかで新しく創造的なプロジェクトに着手できることをうれしく思っています」。

プロフェッショナルな対応、サービス志向、親切さは紛れもなく最高レベルのものでした。 わが社はオープンさや情熱をもってスイスで迎えられ、モチベーションを上げることができました。

Christoph Körner
COO, Prodyna

文書

共有する

関連コンテンツ