カテゴリーの選択
成功談

SOAG Europe SA

SOAG Europe SAは自動車産業および家電産業用のプラスチックパーツと部品を幅広く製造しています。 2014年9月、SOAGはティチーノ州のモルビオ・インフェリオールに本社を設置しました。

SOAG Europe SA
SOAG Europeがティチーノ州を本社所在地に選択。

SOAG Europe SAは、投資家団体とオマーン投資ファンド(OIF)によって創立され、EMEAの自動車用プラスチック市場におけるリーダーとなることを目指しています。 イタリアの自動車用プラスチックメーカーであるSIGIT spaの買収がその目的を達成するための出発点となりました。 780人の従業員を抱えるSOAGは、2014年には7500万ユーロの収益を記録しました。EMEA地域で8つ生産施設を運営しており、自動車産業および家電産業用のプラスチックパーツと部品を幅広く製造しています。

2014年9月、SOAGはティチーノ州に本社を設置しました。 SOAG Europe SAのCEOであるEmanuele Buscaglione博士は、この決定においては、スイスの安定性と透明性の高い政治構造、国際性、EUとの良好な関係が主な理由となったと述べています。

明確に定義され、透明性の高い移転・設立プロセス

スイスの貿易・投資促進機関、スイス・グローバル・エンタープライズ(S-GE)のオフィスであるスイス・ビジネス・ハブ・イタリアは、SOAGがスイスへの移転を検討した際に最初に問い合わせた団体です。 複数の州で機会を評価した後、SOAGはティチーノ州に本社を置くことを決定しました。 利用することの多いミラノ・マルペンサ空港がかなり近いことが重要な理由の一つです。 ティチーノ州の官庁が必要な情報を提供し、関係者が協力してSOAG Europe SAのモルビオ・インフェリオール移転を実現させました。

Buscaglione博士は、スイスでの本社設立が全体的に見て非常にポジティブであることを強調しています。 「プロセスは始めから終わりまで、明確に定義され、透明性の高いものでした。これも本社をスイスに置くことに決めた理由の一つです」。 また、Buscaglione博士は「事業の設立における規制と基準が正確に定められていることも決して無視できません」と指摘しています。

当社の スイスでの事業の設置および開始は、全体的に非常にポジティブなものでした。

Dr. Emanuele Buscaglione
CEO, SOAG Europe SA

文書

もっと読む
共有する

関連コンテンツ