ニュース

危機に強いスイスのイノベーション

スイスは外的ショックに対する準備が整っていることで知られ、その耐久性は国際ランキングでも世界3位を獲得しています。さらに、コロナウイルス・イノベーション・マップにおいては、今回のコロナ危機の間に、スイスがいかに革新的に対応しているかを示しています。

スイスの強靱性と革新性は、コロナ危機に立ち向かいます。©Christina and Hagen Graf via Flickr
スイスの強靱性と革新性は、コロナ危機に立ち向かいます。©Christina and Hagen Graf via Flickr

ドイツの格付機関Scope社が発表した最新の対外脆弱性とレジリエンスランキングによると、スイスは、2020年の世界で最も強靭な国としてトップ3に入っています。同ランキングは世界63カ国の経済を調査し、比較しています。外的ショックの影響を受けにくい国としては、1位に台湾、2位が中国、3位がスイスという結果になっており、同社のプレスリリースで、アナリストは、「コロナウイルス危機によって不安定な市場状況が強調され、石油価格の暴落は、関連国の収支危機への危機感が明確になった結果である」と、世界的に困難な経済状況を認識しています。

リクイディティへのアクセスが有利 

Scope社によると、世界的なショックとされる事象に対するスイスの経済的抵抗は、スイスフランの準備金と流動性の高い資本市場によって支えられている。国際金融市場が不安定な状況にあるときこそ、自由なリクイディティへのアクセスを提供しています。Scope社は、国際収支危機に対する経済の脆弱性と、危機における経済回復力のレベルによって、経済を評価しています。

コロナウイルスに立ち向かうスイスのイノベーション

同ランキングの結果は、特に、コロナウイルス危機の最中におけるスイスのイノベーション精神も反映しています。各国のイノベーション・エコシステムは、コロナウイルス・イノベーション・マップ示され、スイスは、ウイルス対策を目的としたイノベーションで世界5位と評価されています。コロナウイルスに関連する技術革新の概要は、スタートアップのエコシステム情報を提供するStartupBlinkがパートナー企業と協力して作成しています。

チューリヒがトップ10に

コロナウイルスと闘う世界的な取り組みの点では、米国とカナダなどの大国が世界をリードしているものの、トップ5にはエストニア、スイス、イスラエルなど、比較的小国もランクインしています。また、都市別比較においては、欧州都市のミラノ (5位) やロンドン (6位) に次いで、チューリヒが世界8位の結果でした。チューリヒのイノベーション・エコシステムが注目されたのは、特にディープテクノロジー分野での技術と、世界的なコロナウイルス流行に対する取り組みで積極的にその役割を担ってきたことに起因しています。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

ダウンロード

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください