ニュース

世界トップ100にスイスの5大学がランクイン

毎年実施される世界の大学に関する調査「世界大学学術ランキング」のトップ100に、今年もスイスの5大学がランクインしました。 スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)は、欧州大陸内の大学では最高位の評価です。

スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)の校舎
スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)は、欧州大陸内の大学にとっては最上位の19位に評価されています。

このランキングは、中国の上海交通大学高等教育研究院が2003年に開始した全世界の大学を対象にした調査で、毎年ランキングを発表しています。 調査内容はノーベル賞受賞者数、著作発表件数、専門分野で発表された論文の被引用回数など、6大項目を用いて大学を比較しています。

スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)は、欧州大陸内の大学で最高位となる世界19位の評価を獲得

スイスの大学は、ジュネーブ大学(60位)、チューリヒ大学(58位)、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)(76位)となり、さらにバーゼル大学も95位に返り咲き、5大学がトップ100にランクインという優秀な成果を収めています。 

ETHZは今年も世界19位と、安定した高評価を得ています。例年どおり、ハーバード大学とスタンフォード大学が世界1位と2位を占め、同ランキングのトップ20には米国の大学が数多く見られます。米国以外では、ETHZのほか、ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、ロンドン大学などが評価されています。

スイスのイノベーション力を支える質の高い学術機関

スイスの大学の質の高さこそ、なぜスイスが世界のイノベーション大国とみなされるのかを本質的に説明するものです。 

特定の重点分野における教育・研究領域を整備することにより、スイスの大学は多くの専門分野で高い国際的威信を保持してきました。 スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)およびローザンヌ校(EPFL)の両大学は、ともに、国際的な研究共同体において最高レベルの研究に取り組んでおり、 世界的に著名な研究者の獲得にも力を入れています。

スイスにおける研究と教育に関するさらなる情報については、事業展開ハンドブックをご覧ください。

リンク

共有する

関連コンテンツ