カテゴリーの選択
ニュース

スイスの機械・電機・金属産業クラスターの動向

スイスでは、機械建造(Machine-buildung)、電機設備(Electrical Equipment)、金属加工(Metallurgy)の分野の産業を、それぞれの頭文字をとったMEM産業と呼び、そのクラスターは、伝統的な製造業クラスターでありながら、イノベーションや挑戦的なビジネスの成長を支えるインフラを持ちうる事実を体現しています。 その秘訣はクラスターの組織形態にあり、巨大ではないもののグローバルな輸出焦点化した可動性中規模の企業によく現れる組織構図です。イノベーティブなMEM企業にとって、スイスは急速な成長とグローバルな拡張を目指す企業に最適なプラットフォームです。

産業実験室で働く女性
スイスの機械・電機・金属(MEM)産業は、世界に名を馳せる工科大学や研究所での研究による確固とした基盤のうえに成り立っています。

スイスのエンジニアリングは19世紀繊維産業草創期にまでにさかのぼる歴史っています。 当時、事実上すべてのヨーロッパの繊維工場(イタリアフランスドイツにおいてイギリス織機関連機材採用されていましたイギリス製織機があまりに高額になってしまった時点スイスでは自前織機開発焦点化しました。 今日ではスイスのエンジニアリングやエンジニアリング関連機材企業、世界的最高レベルの競争力りますこれは、電機機器、エレクトロニクスや精密測定機器製造において顕著ですMEMクラスターは今日、300,000従業員しており、毎年900億米ドルをげていますスイスのほかのクラスタと比較してみるとこの産業部門特定地理的条件限定されないという特徴っていますこの分野製造施設はスイス全土がっており、特中央部きく集中しています

輸出志向小規模企業による牽引

SwissmemMEMクラスタによる連盟、工業会)代表Hans Hessによるとこの部門企業として輸出志向であるというになっているといいます。 「製品80輸出する中小企業スイスのMEMクラスタの95めていますHessべています自身会社輸出っているならば、最近市場動向をモニターすることが必要ですこのアプローチのありかたによってスイス企業技術的なアドバンテージをておりさらにグローバルな競争にのなかで優位つことができるのですこの部門における「錨」となるプレイヤー(ABB、Alstom、Siemens、Liebherr、Schmolz+Bickenbachなどの企業)は、国際的な名声を得ており、トレンドを作りだし、B2B市場での需要を生み出すことができています。 これらの企業、機材、代替部品やサービスの数多くのまれたクラスター固有「生存圏」形成していますさらにこの「生存圏」には、技術する権利問題、知的財産、そして隣接部門専門家まれています

特定のテクノロジーパークによりこのクラスタ関係構築されていますビエンヌにあるビール・パークでは、約10社の企業が相互に協力して活動しており、オートメーションや医療技術分野を対象に高度な精密機器を製造しています(たとえば、Haag-Streit、Balluff HyTech、Ziemer Groupなど)。 これらの企業直接競争関係にあるわけではなく、相互にサービスをめたり、原材料のサプライヤーを設定する協働することができるのですMEMに重点化したパークはスイスの全カントンに設置されています

規模、従業員数わずどんなビジネスであってもクラスタ提携によって利益けることができますこれには、助成金開発のための研究所する税制優遇措置への応募、技術移転プログラムのもとでの最先端研究所との協力、そしてグローバル展開産業別団体からの支援えられます

技術移転教育

スイスの機械電機金属(MEM)産業、世界せるスイスの工科系大学研究所での研究による確固とした基盤のうえにありますしかしアイディアを競争力のある製品へと実際えるにはどうしたらいいでしょうか。教育機関企業とはどのように知識技術的成果交流させることができるでしょうか

SwissmemによるとMEMクラスタの企業げの5研究開発てているといいますただし、自己負担によって研究開発経費をすべてっているわけではありません。 政府イノベーティブな研究開発支援して非常先進的ですそれゆえ、大学とビジネスジョイントリサーチプロジェクトに着手することができるのですこのにおいてMEMはもっとも魅力的部門なのです: 教育機関共同でおこなう研究開発のジョイントプロジェクトの約半数エンジニアリング、機械ツールオートメーション、情報、エレクトロニクスなどの研究分野、企業専門家んでいます  

こういったプロジェクトがCTI(技術・イノベーション委員会)によって助成ているということも重要ですCTI助成金ビジネス研究所とで実施するジョイントプロジェクトの研究開発費50までをカバーしています。 研究所設備、人的資源、そして技術使用にかかるプロジェクトのもとでられた研究成果する権利ビジネスすことになっています

一例を挙げると、2013年には光学保護装置を製造するStreamer International AG社(当サイトのサクセスストーリーをご覧ください)が―ラッパースヴィル応用科学大学との共同で2年間のジョイント研究プロジェクトを開始しました。このプロジェクトでは、費用半分CTI助成金から拠出されていますくわえて、グラウビュンデン州のイノベーティブな企業として、Streamer社は地方自治体からも助成金を得ました。この助成金一部返済不要であり、残りについても5年間無利子貸与型提供されました

農業用ドローンを製造するFly & Firm社のパートナーであるGamaya社(当サイトのサクセスストーリーをご覧ください)は、このプラットフォームと技術研究室を活用し、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の教授陣から助言を得ています。 それでもこの開発する知的財産権EPFLではなくGamayaえられますこの事例例外的なものではなくスイスにおいては基本的手続きとなっています: 知的財産権クライアントの手中にあるということです

この産業分野関連団体、知識技術移転にもわっていますえばSwissmemではこの工業会会員企業、関連分野での最先端教育機関(チューリッヒ応用科学大学、西スイス応用科学芸術大学ルツェルン応用科学芸術大学などとの共同支援しています Swissmemでは、大学まれている技術プロジェクトや教育界がビジネス提供しうるサービスにっていますそして橋渡しを支援するのです。 希望じてSwissmemでは大学のコンピテンシーセンターへの訪問調整していますこれにより、企業がプロセスマネジメント、効果する改善策、製造のアップグレードなどについてさらにることができるのです。関連団体では、外部のプラットフォームともコンタクトがれるように手配しています。例えばポール・シェーラー研究所(Paul Scherrer Institute)、スイス連邦物質科学技術研究所(EMPA)、スイス・エレクトロニクス・マイクロテクノロジー研究所CSEMといったナノ材料、マイクロエレクトロニクスなどブレイクスルーをはかるテクノロジーにして活躍するスイスで重要3つの研究所がここにまれていますビジネス大学とが協働するにあたりジョイント会議、ワークショップ、研修コースなどが開催されていますさらにビエンヌのビール・テクノロジーパークで実施されるナノコーティングにして設計をおこなうEMPA研究所からのスピンオフであるSwiSS-9などにみられるように、新規ビジネスへの着手開発わっていることも重要です

そして最後に、大学とビジネス界は、才能ある研究者・労働者を呼び寄せるための共同プログラムにますます深く取り組んでいます。 えばABBはスイスを世界中数多くの教育機関とパートナー協定んでいます ABB新科目するカリキュラム開発協力キャンパスでプレゼンテーションをおこないジョブフェアに参加オンサイトトレーニングのコンテストを開催するほか、奨学金提供していますこれは、スイスのエンジニアリング専攻の学生がABBを2016年に世界最高の雇用主として認めた理由の一つでもありました。 専門家養成する教育には幅広研修・トレーニングの機会まれています。 専門的職業団体では独自研修センターをえています Swissmemではエンジニアリングデザインオートメーションエレクトロニクス、情報といった分野10,000従業員研修担当しています

競争力を生み出す「メイドインスイス」

今年ザンクトガレン大学によって実施されたSwissness Worldwide 2016の投票結果(15か国で900人以上の消費者が回答)によると、スイス製の製品は依然として消費者から高い信頼を得ているといえます。 「スイス製」というブランドには、とりわけロシア、中国、インド、ブラジルで高い価値が置かれています。これは世界人口40のあたりますこれらの地域らす消費者ほかの地域製造された類似商品比較した場合、スイス製品40%多くの支払用意があることが調査かららかにされました。 回答者スイス時計には80%、スイスのチーズには20%、さらにスイスアルプスでの休暇には7ほどくの支払うつもりがあるとべていますスイス在住者地元製造された商品により金額支払用意があります

アジアアフリカまた中東における新興市場への拡大めるスタートアップですらもこのブランドからの利益ることができます「地元生産というトレンドは拡大しており、スイス企業にもこの動きは広まっています」とエンジニアリング大手のSulzer社CEOであるKlaus Stahlmann氏は述べています。スイス製品たとえ企業外国市場けて製造ラインをかしている場合であっても、高品質規準としてみなされているのです。」 スイスのエンジニアリング企業外国市場ける役目をいかにたしているのかについての好例としてBombardier Switzerlandのストーリーをご紹介しましょう。同社ではチューリッヒとヴィンタートゥアーにある研究センターを活用アメリカ合衆国への輸出特化したハイブリット機関車ALP 45DP設計しています ALP 45DPはディーゼル駆動電動のコンビネーションをとっておりノンストップ輸送可能です

未来の産業

スマートな製造、デジタル化や工程の自動化を求める動き(いわゆるIndustry 4.0) は、発展している経済において高まっています。このきは、労働市場日常生活劇的影響ぼすことになるしい産業革命へとびついています

イノベーティブな製品やサービスの創出における広範可能性このにもまれ、広がっています。 新しいテクノロジーがいかなる規模のプレイヤーにとってもくようになるならばこれらの部門はもはや大企業によってのみ占有されることはなくなりますこの環境においては、小さな企業であっても、平均規模のカスタム注文えることができ、労働、エネルギー消費、生産にかかる廃棄物量して2030のコストダウンもできるようになりますスタートアップ事業であるFly & Film社の創業者Oleg Sharonov氏は、イノベーティブなハイテク・スタートアップに関してはスイス以上の立地はないと確信しています。

スイスの政府産業団体、「産業革命」早急かつみをわず実現できるようにするためにあらゆる手立てをとっていますSwissmemでは、すでに新規イニシアティブIndustry 2025に着手しています。このイニシアティブでは、企業が新しいトレンドに対応できるよう、また協働する機会を生かすことができるように支援しています。 この目的、自動化、産業インターネットをベースとした製造をスイスのMEMクラスタにおいて2025までにげることにあります。 強いスイスフランは輸出のポテンシャルを幾分めているともわれていますが、新しく効率的製造スイス企業成長につながります。 大きな可能性めたMEMのなかでも、 輸出をその特徴とする部門には、再生可能エネルギー資源、効果的蓄財再配分、排水汚水処理のソリューションモビリティと輸送テクノロジー、医療機器製造げられます

スイスでのビジネスにする多様側面詳細については事業展開ハンドブックをごいただけますまた、当方Swiss Business Hubs代表にもぜひおわせください

リンク

もっと読む
共有する

関連コンテンツ