ニュース

ウェルス・マネジメント・センターとしてスイスが世界第 1 位を維持

Deloitte社が発行するグローバル・リポートにおいて、スイスは、国際的なウェルス・マネジメントのハブとして、世界1位の座に輝きました。 スイスの強みとは、人材のデジタルスキル、政治的安定性、顧客中心型のアプローチです。

チューリヒ市内パレードプラッツの様子
スイスの 2 大銀行である Credit Suisse Group AG および UBS Group AG は、2017 年度、好調な資金流入を計上しています。

最新のDeloitte ウェルス・マネジメント・センター・ランキングにおいて、スイスは国際的なウェルス・マネジメント・センターのトップの座を維持しています。同ランキングでは、世界のウェルス・マネジメント・センターを、競争力、規模、パフォーマンスという観点から分析しています。

2017年末時点で、1兆8400億米ドルの資産がスイスで管理されており、英国や米国を遥かに上回る世界最大規模の市場です。

「スイスの銀行は、前年からの課題をこなしたことでコストを削減し、利鞘を増加させることができた。」と、Deloitte のプライベート・バンキング兼ウェルス・マネジメント責任者である Daniel Kobler氏はコメントしました。

世界でも競争力と生産性が高いセンター

レポートによると、スイスは、市場競争力とパフォーマンスという点で最高得点を獲得しています。 スイスのサービスの質は他センターに比べ非常に優れており、最高品質であるという評価を得ています。 スイスのウェルス・マネジメント・ハブは、2017 年に初めて、最も生産性が高いセンターであるという評価を受けました。

スイスのウェルス・マネジメント・センターは、高い信頼性、思慮深さ、高所得顧客への対応の経験値、安定した環境、広範に渡る深い専門知識の代名詞として広く知られています。 プライベート・バンキングの専門家が、これほど多く活動する地域は他にありません。

政治的安定性

世界的に情勢が不安定ななか、益々重要度を増している政治的安定性という点においても、スイスは世界トップの評価を得ています。この点においてはシンガポールも高く評価されていますが、スイスは更に、プロバイダー能力、サービスの質やデジタル技術の成熟度という点でシンガポールの得点を上回っています。

レポートには、高いデジタルスキルをもつ人材、長年培われてきた国際的な顧客へのサービスに関するノウハウ、顧客中心のアプローチこそが、スイスの高い競争力の主な理由であると説明されています。

「スイスは、ファーストクラスの顧客体験を受けることができる国として、高く評価されている」

と、スイス・ウェルス・マネージメント・ハブへ揺るぎない信頼を寄せる Daniel Kobler 氏は、語っています。

ファクトシート: 金融センターとしてのスイス

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください