ニュース

スイスがビジネス成長に最適な場所となり得る理由

スイスはイノベーションとテクノロジー分野で世界を牽引しています。 貴社にとって、統括本部や生産拠点の設立、新製品の開発に最適な立地となり得るかもしれません。

機械で作業する男性
スイスの1人あたりの特許申請数は世界第1位です。

1. 最高水準の教育システムと研究

多くの高技能スタッフを擁するタレントプールを維持するために、スイスでは最高水準の研修や教育を実施に取り組んでいます。 スイスの高等教育は国際的にも高い評価を受けており、職業に直結する実践的な職業訓練制度を整備するデュアル教育システムが構成されています。 高い技能をもち経験を積んだ労働力を輩出できるため、経済界のニーズに合わせて数百にもおよぶ専門職が創出されています。

スイスは世界でも研究開発への投資総額が高い国のひとつに数えられ、とくに人口1人当たりの特許申請数は世界第1位です。 スイスには国際的で多言語に通じた被雇用者が多く、洗練されたビジネス文化と先進的なインフラが整っています。そのため、研究開発分野にとって理想的な環境が用意されています。特に製薬、化学、バイオテクノロジーの分野が有力ですが、それにとどまらずロボット工学や人工知能の分野にも適しています。

ファクトシート: スイスの研究開発

2. 巨大かつ国際的なタレントプール

高技能の労働力やグローバルに活躍する優秀な人材を引きつけ、且つ、国内に留めることにおいて、スイスは大きな成功を収めており、 2017年度版IMD世界人材ランキングでも スイスは首位に着けています。 優秀で多様性に富む労働力へのアクセスは、例えばグーグルがスイスに研究開発センターを設立した際の主な理由でした。 74を超える国々からの2,000人を上回る従業員を擁し、グーグルのスイスオフィスは、米国外最大の拠点となっています。 グーグルにとどまらず、ロシュ、ノバルティス、ネスレ、ディズニー、マイクロソフトなどの世界大手企業が、スイスでグローバルビジネスに取り組み、研究センターを運営しています。

3. リベラルな労働市場と法

スイスはビジネスフレンドリーな環境を用意しており、規制は最低限に抑えられています。 政府は新しいビジネスモデルに素早く対応することで知られており、最近では、フィンテック企業の市場参入にあたり、障壁を減らしたことが記憶に新しいでしょう。 結果として、スイスは従来の金融センターとしてのみならず、仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーのハブとして知られるようになりつつあります。

ファクトシート: 労働市場

4. 強力な経済組織

スイスのイノベーションは、スイス経済を特徴づけている競争力の高い中小企業(SME)からも生まれています。 SMEの99%以上は250人未満のフルタイム従業員で運営しています。スイスのSMEは、どんな特別なサプライヤーであっても300kmの範囲内で見つけることのできる効果的な経済ネットワークを形成しています。

5. 安定性と安全

スイスは経済面や政治面でも、世界で最も安定した国に数えられます。 公債はGDPのわずか39%に抑えられており、欧州内でも特に健全な財政を有しています。 さらに、スイスには中立性という長い伝統があります。これにより、企業にとっても駐在する社員の家族にとっても信頼できる環境を提供することができます。 また、スイスでは都市であっても農村であっても、高い生活の質や地理的な有利さを実感することができます。

効果的で安定したビジネスに好適な環境により、長期的な投資の成功の基盤を作ることができるのです。 事業拠点をスイスに移転させることにご関心がありますか?

www.s-ge.com/ja/sbhにアクセスし、スイス外国企業誘致局やスイス本部までお問い合わせください。

パトリック・ヴェルメリンガー(Patrik Wermelinger)、スイス・グローバル・エンタープライズ投資促進部門代表、聞き手:ザラ・ロケット(Sarah Lockett)、ビジネス・ディベート(The Business Debate)誌ビジネス担当記者

共有する
How should we contact you?