ニュース

世界で初めて暗号通貨インデックス投資商品取引を承認

スイス証券取引所(SIX)は、暗号通貨投資において世界で初めて上場取引型金融商品(ETP)の取引を承認しました。 「Amun Crypto ETP」の価格は、主要4つのデジタル通貨の価格と連動します。

ビットコインの硬貨とスイス国旗
Amunは28にものぼる地域の法的枠組みを精査し、スイスでの上場を選択しました。

チューリヒに拠点を置くスイス証券取引所(SIX)は、世界初となる暗号通貨インデックス投資商品が取引を開始します。「Amun Crypto ETP」と呼ばれる商品は、時価総額上位4つの暗号通貨で構成される金融資産に応じて変動します。 公式の証券取引所に上場した世界初の暗号通貨インデックスのETPとなります。

「Amun Crypto ETP」は、英国・ロンドンを拠点とする金融テクノロジー企業であるAmunによって運営されます。 CEOのHany Rashwan氏によると、同社は28地域の法的枠組みを精査し、スイスでの上場を選択しました。

我々は、当初から、スイスは素晴らしく条件に適した国であると考えていました。 スイスが誇る国としての主権、中立性、専門性などにおける豊かな歴史は、素晴らしいものです。それに加えて、未来志向の行政機関や、仮想通貨国家(クリプトネーション)のビジョンを実現しようとする情熱を持ったパートナーたちの共同作業に喜びを感じていました。 Amunが、その過程における小さな一歩となり得ることを願っています。

スイス証券取引所が、道を開拓

チューリヒに本拠を置くスイス最大の証券取引所であるスイス証券取引所(SIX)は、世界で初めて複数の暗号通貨によって構成される上場取引型金融商品(ETP)の上場を承認しました。 スイス証券取引所は、多様なセキュリティを扱っており、ヨーロッパの資本市場にとって重要な流動性をもたらしています。SIXの時価総額は1.6兆ドルで、ヨーロッパで4番目に大きい証券取引所です。 SIXは、取引、清算、決済システムの完全自動化を取り入れた世界で最初の証券取引所で、暗号通貨に対する積極的で友好的な姿勢でも知られています。

スイス国内では、ボントベル(Vontobel)やスイスクォート(Swissquote)の他に、デリバティブの専門証券会社のレオンテック(Leonteq)など、複数の銀行が暗号通貨のデリバティブを取引しています。

ファクトシートのダウンロード スイスのフィンテック

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください