ニュース

Switzerland Innovationのビール/ビエンヌ新施設、2020年の開業を待つ

総工費およそ4,500万スイスフランをかけ、2020年末に竣工を目指すビール/ビエンヌの新施設は、インダストリー4.0分野に特化したスイス唯一のイノベーションパークです。

Switzerland Innovation
Biel Innovation Parkは、産業用アプリケーションのインフラを提供するインダストリー4.0分野に特化した、スイス初の施設です。

ビール/ビエンヌの駅に程近い位置に建設される5階建ての新しい施設は、スイス国内のプロジェクトのみならず、国際的なプロジェクトの発展にも寄与することでしょう。新施設の総面積は15,000㎡を超え、先端製造技術、産業デジタル化、医療技術、エネルギー貯蔵などの分野におけるイノベーションを推進します。Biel Innovation Parkは、産業用アプリケーションのインフラを提供するインダストリー4.0分野に特化したスイス初の施設です。

ベルン州経済局長のChristoph Ammann氏は、「Switzerland Innovation Park Bilel / Bienne (SIPBB)は、ベルン州のイノベーション推進過程において、急速にその重要性を増しています。」と述べています。2020年に開業するSIPBBは、Switzerland Innovationが展開する施設の中では唯一、自己資金運営となる見込みです。建設費用の4,500万スイスフランは、Switzerland Innovation Park Biel / Bienne SAの株主であるベルン州とベルン州立銀行が出資しています。

イノベーション推進と雇用増加を目指す

2016年、Switzerland Innovationはスイス国内に5箇所のイノベーションパーク建設を計画しました。それぞれの施設を通じて多くの企業やプロジェクトが創設され、それに伴い付加価値の高い職種が増加しています。2018年末までに、Switzerland Innovationが創出したフルタイム職種は50を超え、60人以上が新たに雇用されました。現在までに同施設内で活動するプロジェクトは185にのぼり、その総資本はおよそ3億スイスフランとされています。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

ダウンロード
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください