ニュース

スイスチーム、技能五輪国際大会で活躍

ロシアのタタルスタン共和国首府カザンで開催された技能五輪国際大会2019(WorldSkills Kazan 2019)に出場したスイス代表チームが、金メダル5個を含む16個のメダルを獲得しました。スイスの総合成績は欧州トップ、世界第3位の結果でした。

技能五輪国際大会スイス代表チーム
技能五輪国際大会スイス代表チーム ©SwissSkills

ロシアのタタルスタン共和国首府カザンで開催された技能五輪国際大会2019(WorldSkills Kazan 2019) の結果がプレスリリースで発表されました。今年は63ヶ国から1,600人の若い技術者が出場し、スイスからは41人が39競技の決勝にエントリーしました。スイス代表は2組のペア競技と14の個人競技で総数16個のメダルを獲得しています。

スイスは世界3位

スイス代表の成績は欧州1位、世界3位の結果でした。「参加者あたりの平均獲得ポイントがスイス代表より優れていたのは中国代表と韓国代表のみ」と、プレスリリースで説明されています。スイスのメダル獲得数は、金メダル5個を含む総数16個であり、さらに13の「優秀メダル」が加えられています。「この結果をとても誇りに感じています」とスイス代表のRico Cioccarelli氏がコメントしています。Cioccarelli氏は、ロシアや中国などの主要国が、これまでの技能五輪国際大会での功績を維持するために多大な努力をしていたことを説明し、「だからこそ、我々の成績がより印象的なものとなります」と加えています。

成功のカギは適切なチーム環境づくり

スイス代表のうち、ザンクトガレン州・アルネジ出身のレストラン専門家Martina Wick氏は、参加競技で金メダルを獲得したうえにスイス代表チーム競技者内でも最高総合得点を打ち出し、「ベスト・オブ・ネイション」を受賞しました。また、ジュネーブ出身のNicolas Ettlin氏は、スイス代表チーム最年少で、まだITのインターンシップ期間を終了していないにもかかわらず、ウェブ技術部門で銀メダルを獲得しまた。

スイス代表発表のプレスリリースでは、チームの好成績は競技参加者のみでなく、それぞれの分野で若い技術者を育成する技術者の功績が大きいことを示しています。自動車技術の専門家Flavio Helfenstein氏も、競技参加者のために訓練スキーム、雇用主、専門家団体が担っている役割を強調しています。今年のスイス代表チームが享受したような成功は、チーム全体の環境が適切でなければ不可能であると主張しています。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

ダウンロード

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください