ニュース

ドローンが独自に操縦習得

近い将来、ドローンが独自に曲芸飛行を習得することは可能でしょうか。チューリヒ大学は、その実現に向けたナビゲーション・アルゴリズムを開発しました。ドローンによる独自学習飛行は、効率的で機敏な飛行を可能にし、今後は救助活動などにも役立てることを視野に入れています。

ドローン
回転飛行を披露するクアッドコプター ©University of Zurich/Elia Kaufmann

チューリヒ大学 (UZH) の研究者チームが、ドローンによる曲技飛行の独自学習を可能にするアルゴリズムを考案しました。このアルゴリズムの中核は人工ニューラルネットワークで、搭載カメラや慣性センサからのデータを制御コマンドに変換しています。

チューリヒ大学のプレスリリースによると、ニューラルネットワークは、操作のシミュレーションを行うこと訓練されるためテスト飛行の必要性がなく、それに伴うリスクが軽減されます。また、ドローンが実際の条件下で操縦を行うには、数時間のシミュレーション訓練のみとされています。チューリヒ大学の研究チームは、すでに大手マイクロプロセッサメーカーのIntel社と共同で、クアッドコプターを使ってこのアルゴリズムを試験飛行を実施しています。

「このアルゴリズムは、卓越した技術を持つパイロットでさえ訓練が必要とされる難易度の高い演技飛行を独自に習得することができます」と、チューリヒ大学ロボット工学教授でロボティクスパーセプショングループ責任者のDavide Scaramuzza氏は述べています。また、このような特性は、ドローンによる捜索救助活動などにも適していると説明しています。

 

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください