ニュース

スイス・イノベーション・パークはグリーンエネルギーを活用

スイス・イノベーション・パーク・イノヴァーレでは、ほぼ完全に再生可能エネルギー活用してパークを運営する取り組みを行っています。パークのエネルギー源の一つとして近隣を流れるアーレ川が用いられ、太陽光発電システムも設置されています。

スイス・イノベーション・パーク・イノヴァーレ
© PARK INNOVAARE

スイス・イノベーション・パーク・イノヴァーレは、ポール・シェラー研究所 (PSI) に隣接し、テクノロジー企業がビジネス構築時に活用できるイノベーション・エコシステムの提供を目指しています。スイスが国をあげてイノベーションを促進する機関「スイス・イノベーション」が運営する5箇所のイノベーション・パークのうちの1つです。

アールガウ州に立地し、Erne社によって建設が進められている総面積38,000㎡のキャンパスは2023年の完成を予定しており、竣工後は、ほぼ全ての施設が再生可能エネルギーで運営される見込みです。暖房需要の約95%は排熱回収によって賄われ、5%はPSIの地域暖房ネットワークを通じて供給されます。

夏季の冷房には、付近を流れるアーレ川の水を冷媒とする高効率HFO (ハイドロフルオロオレフィン) 冷却システムを設置予定です。夏に川の水温が高すぎる場合にはハイブリッド熱交換器を使用する見込みです。

また、圧縮空気製造時の排熱を給湯の予熱に利用するうえ、建物の屋上やファサードに太陽光パネルを設置することで発電量約64万5000kWhを見込んでいます。このエネルギーは、約185世帯の電気需要を満たすのに相当するとされています。

 

スイスのクリーンテクノロジー

クリーンテクノロジーは、資源を有効活用し、保護や意地を可能にする技術やサービスで、世界的に需要が伸びている分野です。 スイスはこの分野でも積極的に技術開発に取り組んでいます。

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください