ニュース

ETH、欧州本土トップの座を維持

スイス連邦工科大学チューリヒ (ETH) は、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの2022ランキングで再び欧州大陸トップの大学として評価されました。姉妹校のスイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)とチューリヒ大学も世界トップ100以内に含まれています。

スイス連邦工科大学チューリヒ(ETH)は、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの世界大学ランキングで依然として欧州大陸トップの評価を得ています。
スイス連邦工科大学チューリヒ(ETH)は、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションの世界大学ランキングで依然として欧州大陸トップの評価を得ています。© ETH Zürich/Alessandro Della Bella

Times Higher Education誌が世界で最も優れた大学のランキングの2022を発表し、スイス連邦工科大学(ETH)が世界15位と、英国と米国を除く欧州大陸内の大学では最高位の評価を得ました。しかしながら総合評価は昨年の14位から1ポイント下げています。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校 (EPFL) は、同ランキングで順位を3つ上げて40位となりました。チューリヒ大学も75位で世界トップ100に入っています。

ランキングでは、英国のオックスフォード大学が再び首位の座に輝き、2位には米国のカリフォルニア工科大学とハーバード大学が並んでいます。日本の東京大学は35位、京都大学が61位とトップ100に含まれています。

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションは、教育、研究、知識移転、国際志向など13の指標に基づいて大学を評価しています。ランキングを作成には99ヶ国から計1,662の大学を対象に評価を行っています。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください

リンク

もっと読む
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください