ニュース

バイオテクノロジー産業急成長国、スイスはトップ3に

マッキンゼー社の調査によると、欧州のバイオテクノロジー業界は継続して成長段階にあり、資本と熟練労働者の利用度が高まっています。スイスは、バイオテクノロジー産業の成長速度が最も加速している欧州3カ国の1つとされています。

スイスは欧州でバイオテクノロジー産業が最も急速に成長している国の1つです。(イメージ写真 ©Pixabay)
スイスは欧州でバイオテクノロジー産業が最も急速に成長している国の1つです。(イメージ写真 ©Pixabay)

コンサルティング会社のマッキンゼー社最新のレポートを発表し、欧州のバイオテクノロジー産業は継続的に成長段階にあると述べています。この成長は特に細胞治療、遺伝子治療、mRNA、CAR T細胞を用いた免疫療法の分野におけるイノベーションによって促進されています。

資金調達の改善

世界的に、民間資金と公的資金の双方から可能な資金調達は記録的なスピードで増加しており、欧州のバイオテクノロジー企業は以前にも増してより多くの資金を集めています。特に後期資金調達の平均額においては、米国や中国の企業に追いつく勢いです。以前として米国における熟練労働者の利用度が高い割合を占めるなか、欧州も追随しています。

世界水準の科学レベル

欧州の科学技術は既に世界的水準にあり、総合的には、科学研究の質と量において中国や米国などの国々をリードしています。特に、世界トップ100の生物科学大学のうち43校が欧州に立地していることがレポートでも強調されています。

成長著しいバイオテクノロジー・ハブとしてのスイス

イノベーションにおいては、欧州各国で大きな違いが見られています。英国、フランス、ドイツは欧州の3大バイオテクノロジー中心地であり、欧州のバイオテクノロジー産業の半分を占めています。一方で、最も急速な成長を遂げているのは英国、フランス、スイスとされ、2018年から2020年の2年間で設立されたバイオテクノロジー企業の63%がこの3国に拠点を置いています。他の欧州諸国ではイノベーションは同等ペースか、場合によっては勢いを失っていると報告されています。

 

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

 

 

リンク

もっと読む
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください