ニュース

持続可能性の課題解決に宇宙技術を活用へ

スイスのスタートアップSpace4Impact社は、New Space関連企業とその他の産業を結びつけることで、宇宙技術が地球に与えるプラスの影響を最大化したいと考えています。

Space4Impact社のミッションは、宇宙技術を地球上での課題解決に活用し、持続可能で前向きな未来を確保することです。©Space4Impact
Space4Impact社のミッションは、宇宙技術を地球上での課題解決に活用し、持続可能で前向きな未来を確保することです。©Space4Impact

現在、世界におけるNew Space事業は好景気で、2040年までに1兆ドルの価値になると予測されています。人工衛星から受信するデータなど、新しい宇宙技術は地球上の持続可能性の課題を解決する上で重要な役割を果たしてます。スイス連邦工科大学ローザンヌ(EPFL)のスタートアップ Space4Impact社は、New Space関連のスタートアップを宇宙技術関連外の顧客企業と結びつけ、より持続可能な未来を創る新たな技術の開発を支援しています。

宇宙技術は、交通渋滞や汚染レベルを写し出す衛星画像からアルプスの気象を詳細に分析した雪崩予測まで、持続可能性の問題の解決に向けて、多くの革新的な技術が応用されています。

Space4Impact社は、宇宙産業外の企業とNew Space関連のスタートアップを結びつけ、宇宙技術を応用して地球規模の課題を解決を図るオンラインプラットフォームを提供しています。

New Space技術は、地球上で起こるさまざまな問題や課題の効果的な解決への応用に大きな可能性を秘めています。Space4Impact社が提供するプラットフォームは、一般には手が届くことがないロケット科学などのNew Space技術を、日常的に利用可能なアプリケーションに変換するのに役立てられています。 同社の目標は、企業が持続可能性の目標、特に、国連が定める「持続可能な開発目標 Sustainable Development Goals」の達成に貢献するNew Space技術を利用したアプリケーションを開発することです。

企業のニーズ評価からパイロットプロジェクトの開発まで一貫管理

Space4Impact社の顧客は、オンラインプラットフォーム「Space4Impact Ecosystem」で「Open Innovation Challenges (オープン・イノベーション・チャレンジ) 」を発足することができます。

Space4Impact社は、顧客企業との直接連携により、顧客のイノベーション目標をより深く理解し、イノベーションのチャレンジプロフィールを作成します。そして、「オープン・イノベーション・チャレンジ」を開催し、このチャレンジに自社の技術を応用できる宇宙関連スタートアップとのマッチングを試みます。宇宙関連スタートアップのピッチの後、顧客企業は連携を希望するスタートアップを選択し、選ばれたスタートアップはパイロットプロジェクトの開発に着手します。

現在までに28ヶ国から77のスタートアップが同プログラムに応募しており、このプラットフォームに対して業界関係者が強い関心を示しています。まだアジアや日本からこのエコシステムへの参加企業は見受けられません。欧州で新たな協業ビジネスの機会を模索する企業は、ぜひ参加をご検討ください。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください