ニュース

スタートアップによる年間資金調達額が過去最高を記録

スイスのスタートアップによる2021年における資金調達は総額31億米ドルに達しました。同時に、スイスのスタートアップ・エコシステムは2016年以降3.7倍の規模に拡大しています。さらに、近隣諸国との比較では、スイスは国民1人当たりのスタートアップ設立数が多いという結果が出ています。

021年、スイスのスタートアップによる年間の資金調達額が過去最高を記録しました。イメージ写真: geralt/Pixabay
2021年、スイスのスタートアップによる年間の資金調達額が過去最高を記録しました。イメージ写真: geralt/Pixabay

欧州全体の傾向と同様に、スイスにおいても2021年はスタートアップへの記録的な規模の投資が行われ、資金調達は総額31億米ドルに達しました。結果として、スイスのスタートアップに投資したベンチャーキャピタル数は2016年以降3.7倍に増加しています。

オランダのアムステルダムに本社を構えるスタートアップとテクノロジー・エコシステムに関するデータプロバイダであるDealroom.coが実施した調査「The Swiss start-up ecosystem in numbers」によると、スイスの現在のスタートアップ・エコシステムの評価額は1490億米ドルに上るとされています。

この調査によるデータから明らかなように、エコシステムの価値の大部分を占めるのは、スイスの主要産業ともいえる医療やバイオテクノロジー分野のスタートアップに加えて、大学からのスピンオフによるものが挙げられます。過去6年間で全ベンチャーキャピタルによる投資の50%がヘルステック関連企業に充てられ、その調達額は総額70億米ドルに達しています。

スイスは比較的小さな国ではあるが、企業家精神が強いことが特徴です。Dealroom.coのレポートによると、「国の規模やそのスケールで注目を集めている近隣諸国よりも、スイスは国民1人当たりのスタートアップ数は多い」とされています。特に、ユニコーン企業に関しては、欧州における人口100万人当たりのユニコーン企業数設立が3社という数字を誇るのは、スイスとスウェーデンでのみである。この比率を軸に考えると、「スイスのユニコーン企業数はフランスの6倍」であり、「スイスのスタートアップ企業数はドイツの3倍」と同等であることが言えます。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

リンク

もっと読む
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください