ニュース

Breadwalletが本社をグレーター・チューリヒ・エリアへ

米国企業Breadwalletは、本社をグレーター・チューリヒ・エリアに移すことを決定しました。同社はビットコインの電子ウォレットを開発し、7百万米ドルの資金調達に成功しています。

Bitcoin
写真: Tumisu/Pixabay

Breadwallet(本社:米国・カリフォルニア州)は、同社のプレスリリースにおいて本社をスイスに置くこと公表しました。 Breadwallet社は2013年に米国・カリフォルニア州で設立され、これまではパロ・アルトを拠点に活動していました。

「スイスはデジタル通貨分野のスタートアップを育てる基盤が発展しており、保守的な財務法体系にありながら市場で発揮するリーダーシップが、当社にとっては魅力的な立地でした。」と、CEOのAdam Traidman氏はコメントを掲載しています。 「財務に関する私的領域が消費者に向けて構成されている環境は、当社の企業活動に対して理想的な補完要素でした。顧客1人1人がビットコインの利点を享受できるべきと我々は考えているのです。」

Breadwallet社では、ビットコインの貯蓄に用いるためのデジタルウォレットのサービスも行っています。 スイスへの本社移設と同時に、総額700万米ドルの資金調達を完了したことを公表しています。新規獲得した資金をもとに、同社は企業としての成長をさらに進め、そのビットコインウォレット機能をさらに改良することを目指しています。 

スイスでの事業展開、拠点設立、フィンテック企業に有益なエコシステムなどの詳細は 事業展開ハンドブックをご覧ください。

リンク

共有する

関連コンテンツ