ニュース

出光がスイスで有機EL材料開発会社設立

出光興産株式会社(本社:東京都千代田区)は、今後の有機EL材料の需要拡大に備えて、2017年1月にスイスで有機EL材料開発会社を設立することを発表しました。

出光が発表したプレスリリースによると、スマートフォンや大型テレビなどの多数の製品に有機ELディスプレイが採用される近年の傾向を踏まえ、ディスプレイの高度化に対応した高性能な有機EL材料が不可欠となっているため、同社は、新会社Idemitsu OLED Materials Europe AGを設立することにより、新たな発送と高度な材料合成技術を活用した革新的な有機EL材料の開発強化を図ると記されています。

出光とBASF Schweiz AG(本社:スイス・バーゼル)は、これまで有機ELに関する技術交流をしてきましたが、この度、出光側が新会社設立し、研究者をBASFから雇用を予定しています。スイスは世界的にファインケミカル分野で先進的な地域であり、新会社では有機EL材料開発に関する知識や経験が豊富で、多様な技術背景を有する研究者たちによる開発を行う予定です。

出光は既に千葉県袖ケ浦市に電子材料開発センターを有しており、バーゼルの新拠点は同社にとって有機EL分野における第二の研究開発拠点となります。新拠点設立で開発体制の強化を図り、有機EL材料事業を拡大することで、今後の有機EL材料の需要に応えていきたいとしています。

リンク

もっと読む
共有する

関連コンテンツ