ニュース

AI技術を軸に、日本とスイスから知見の共有

AI開発を積極的に進める日本とスイス。共通の関心を寄せる方々が、オンラインで知見を深める機会を設けました。信頼性の高いアルゴリズムとデータを用いたAI製品やAIサービスの提供に従事するスイスの専門家による講演を、スイスから直接オンラインでお届けしました。

2020年5月29日 スイス先端技術セミナー「データサイエンスとAIの融合」を開催。
2020年5月29日 スイス先端技術セミナー「データサイエンスとAIの融合」を開催。

2020年5月29日、大人数によるイベント開催が難しい状況を踏まえ、スイス・ビジネス・ハブ 投資促進部としては初のオンラインセミナーとなる、スイス先端技術セミナー「データサイエンスとAIの融合」を開催しました。

冒頭に本セミナー共催のリンカーズ株式会社 石崎匡晃氏よりご挨拶をいただき、その後、一般社団法人日本ディープラーニング協会 理事・事務局長 岡田隆太朗氏より、日本のAI技術環境や同協会の役割などを説明いただきました。そして、在日スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ 投資促進部長 松田俊宏より、AI研究開発を中心としたスイスのイノベーション環境をご紹介しました。

その後、講演舞台はスイスへと移り、オンラインと通訳音声を通じて日本からの参加者への講演を行いました。最初にスイスから登壇したのはスイス データインテンシブサービス連合 マネージングディレクター グンドゥーラ・ハイナッツ氏で、スイスのAIを取り巻く環境と強固な国内外ネットワークを説明しました。そして、スイス研究開発センター 統合ワイヤレスシステム部長 データプログラムIoTモジュール担当 アンドレア・ドゥンバー氏とシステム部長 データプライバシー&セキュリティモジュール担当 リカルド・デルガード・ゴンツァーロ氏によるAIアルゴリズムの開発と検証方法について詳細な解説が行われました。最後に、プライス・ウォーターハウス・クーパース スイス パートナー データ分析担当 クリスチャン・ヴェステルマン氏から、同氏が携わった実際のAI関連ビジネス事例をご紹介しました。

400名以上の参加者のなか、セミナー開催中には講演者に対する質問をテキストで受付を行い、テキスト返答と講演後のライブ回答を行いました。多くの参加者から質問が寄せられ、その興味深い論点に、スイス側登壇者も有意義なディスカッションの場ととらえ、時間の許す限り回答を行いました。

スイスの研究機関や民間企業は日本企業との協働プロジェクトに意欲的です。ロボティクス、ライフサイエンス、先進製造、金融サービスなど、様々な分野に応用可能でセキュリティ面にも信頼のおけるアルゴリズム開発を進めるスイスの技術は、日本企業にとっても自社技術に多様に役立て、更に発展させられるものであると信じています。

スイス・ビジネス・ハブ 投資促進部では、このセミナーを機に、スイスの技術やスイスでの研究開発、スイス企業やスイスの研究機関との共創に興味を抱く企業が増えることを期待しています。同時に、今後も様々なツールを用いて積極的に情報提供の場を設けたいと考えています。

 

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください