ニュース

グローバル・イノベーション・インデックスでスイスが再びトップに

世界の技術革新力をランク付けするグローバル・イノベーション・インデックス(GII)の2015年版が昨日、発表されました。スイスは5年連続で他を圧してのトップです。

スイスはグローバル・イノベーション・インデックス(GII)で5年間1位を維持しています。2015年版で特に好パフォーマンスが目立ったのは、「創造的アウトプット」「知識・技術のアウトプット」「ビジネスの洗練度」の3つの分野です。インデックスの総合スコアは100点満点で68.30点。スイスの後を62.42点で追うイギリスに大きく水をあける素晴らしい結果となりました。

革新の質において、スイスの競争力は高いレベルを保っています。GII2015の共著者はこの革新の質を重要な特質ととらえ、次のように述べています。「重要なのは革新の質だ。世界クラスの大学の創成や研究開発への投資は、革新をめぐる世界レースを勝ち続けるために欠かせない要素だ」

欧州諸国は他国に比べて革新的といえるようです。上位には、スイス、イギリス、スウェーデン、オランダが並び、5位にアメリカが入っています。

GII2015は、コーネル大学、INSEAD、世界知的所有権機関(国連機関WIPO)の共同出版です。「発展に向けた効果的な革新政策」を考察するほか、エマージングエコノミーのポリシーメーカーが革新を後押ししたり、地域の強みを基盤としながら健全な革新環境の国内発展を確保することによって成長を刺激したりできるように、種々の新しい方向性を示しています。

他の詳細情報はイノベーションのファクトシートをご覧ください。

共有する

関連コンテンツ