カテゴリーの選択
ニュース

企業の移転先においてスイスが世界で3位にランクイン

毎年、多くの企業が事業の成長にとって有益な労働力や条件が揃う場所に進出することで、世界における影響力を広げています。 企業移転を手がけるCartus社によると、スイスは企業が社員を派遣する目的地として、米国と英国に次ぐ第3位につけています。

multinational professionals
キャプション:] 政治および経済の安定性が世界中から労働力を呼び込む。

先月、グローバルコンサルタント会社Mercerは、外国人従業員の生活の質について新たに行った調査の結果を発表しました。 スイスの3都市がトップ10にランクインしています。 チューリッヒが2位、ジュネーブが8位、バーゼルが10位となっています。 世界をリードする移転サービスを提供しているCartus社による調査において、スイスが上位に入ったことは意外ではありません。 このランキングは世界中のクライアントベースから収集したデータをもとに作成されたものです。クライアントベースにはFortune 500の企業の半分と、2016年におよそ150か国で実施された約163,000の企業移転およびアフィニティ移転が含まれています。 スイスは2013年の調査から順位を2つ上げ、企業が従業員を派遣したい国で第3位となっています。

安定性が利益をもたらす

スイスで有力な産業は機械、化学、精密機器、金融および保険です。 Cartus社は、スイスが外国人労働者にとって魅力的である主な理由として以下のものを挙げています。

-          政治および経済の安定性

-          低い失業率

-          専門性の高い労働力

-          世界最高の一人当たりの所得

事業拠点としてのスイスの詳細に関しては事業展開ハンドブックをダウンロードしてください。

出典: Cartus社のプレスリリース

リンク

共有する

関連コンテンツ