ニュース

スイス・イノベーション・パーク・チューリヒが拡大

スイス・イノベーションのパーク・チューリヒは、2021年より「スイス・イノベーション・パーク・セントラル」と「スイス・イノベーション・パーク・ティチーノ」とのネットワークを拡充しました。

パーク・チューリヒのネットワークにパーク・セントラルとパーク・ティチーノが加わります。©Switzerland Innovation Park Zurich
パーク・チューリヒのネットワークにパーク・セントラルとパーク・ティチーノが加わります。©Switzerland Innovation Park Zurich

かねてよりパーク・チューリヒ周辺のネットワークが整備が進められ、本年よりパーク・チューリヒ(チューリヒ)、パーク・セントラル(ツーク州・ロートクロイツ)、パーク・ティチーノ(ティチーノ州・ルガーノ)の南北軸に沿ったネットワーク体制で運営を始めます。

スイス・イノベーション・パーク・ティチーノ 「ライフサイエンス、ドローン、ブロックチェーン技術が盛ん」

ティチーノ州にとってドイツ語圏のスイスは常に非常に重要なビジネス地域として位置づけられ、既にグレーター・チューリヒ・エリアとティチーノ州による事業開発分野の活動はかねてより統合が進められています。また、ティチーノ州のスヴィッツェラ・イタリアナ大学 (USI)スヴィッツェラ・イタリアナ専門大学 (SUPSI) 、およびその関連機関である国際的に評価の高い機関は、いずれも学術的に優れていることで知られ、スイスのイノベーションの最前線にあります。新設のパーク・ティチーノは、ライフサイエンス、医薬品、ドローン、ブロックチェーン、DAppsなどの分野の研究開発が盛んです。

スイス・イノベーション・パーク・セントラル 「価値の高い生活する環境を構築するイノベーション」

ここ数年、ツーク州・ロトクロウズは 「Building Excellence」におけるイノベーション創出の場として認知が高まっています。さまざまな研究所が、建物や周辺地域のデジタル化や最適化行うことで、生態学的、技術的、経済的、社会学的な要素を組み合わせた建設を可能とするイノベーションエコシステムを提供しています。パーク・セントラルの最も重要な役割はパーク・チューリヒの研究範囲を適切に補完することにあり、スイス中心部に位置する6つの州における地域の強い経済とルツェルン応用科学芸術大学NEST(Next Evolution in Sustainable Building Technologies)、CSEM東スイス応用科学大学の研究機関がその活動を支援します。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください