ニュース

社会進歩指数2015 世界第3位

スイスは、米国のNGO団体The Social Progress Imperativeが発表した社会進歩指標2015で第3位を獲得しました。特に「人間生活に不可欠な基本的要素」および「幸福の基盤」の分野において第2位となり、世界でも社会が進歩した国々の一つであると評価されています。  

社会進歩指数は約140カ国を対象とし、「人間生活に不可欠な基本的要要素」、「幸福の基盤」、「機会」という分野における社会発展を分析しています。これらの分野は更に「栄養と基本医療」、「基礎知識の取得機会」、「個人の自由と選択」などの細分化され評価されます。上位のノルウェーとスウェーデンにつづき、スイスは88ポイントで世界3位を獲得しています。

「人間生活に不可欠な基本的要素」の分野において、スイスは「水質と衛生管理」の項目で最高得点(99.93ポイント)を獲得しています。「基礎知識の取得機会」と「個人の自由と選択」の項目で高い評価を得ており、「生態系と環境の維持」の項目においても最先進国に位置しています。

社会進歩指数を発表したThe Social Progress Imperativeは、Harvard Business SchoolやMITなど数々の国際団体と協力してこの調査を行っています。
 

リンク

共有する

関連コンテンツ