ニュース

スイスは世界で最も安全な国のひとつ

アメリカ合衆国のシンクタンクである“経済平和研究所(Institute for Economics and Peace)”は世界で最も安全な国のリストを公表しました。このランキング発表は、今回で10回目となります。 "世界平和度指数2016年度版(Global Peace Index 2016)"を査定するため、専門家が160カ国の内紛の可能性、つまりそれらの国々がいかに平和な状態であるかを調査しました。
チューリッヒ市のゲロルズ・ガルテンにいる二人の男性 (写真).
2016年度の世界平和度指数(Global Peace Index)で、スイスは再びトップ10入りを果たしました。(写真).

多数のテロがヨーロッパ内で起きたために、ヨーロッパ圏での平和ランキングの成績は悪化しました。. それでも専門家たちはヨーロッパを世界でも最も平和な地域である、と評価しています。昨年同様 に、スイスは今年もトップ10入りを果たしました。 スイスは昨年の5位から順位を7位に落としましたが、ドイツやスウェーデンといった国々には大きな差をつけています。 このランキングで特に目立っているのは、日本、カナダ、ニュージーランドがヨーロッパ圏外の国としてトップ10入りしていることです。。

スイス人が好んで休暇を過ごすスペインは、このランキングでは25位と低調でした。. その最たる原因は、犯罪率がかなり高いと見られていることに加えて、武器の輸出が増えていることです。 しかし、この分析ではポジティブな傾向も示されています。 この報告は70カ国もの国々の治安が安定したということ示しています。その中には、休暇の旅行先として好まれるタイ、コスタリカ、パナマが含まれています。

このランキングでは、それぞれの国が23項目にわたって調査されました。それらの項目には、治安の良さ、社会の中での自由度、各地域や国際紛争にどれだけ関わっているか、そして軍事化の度合いなどが含まれています。 これらの要素は5段階に分けて成績付けられ、点数が高いほど、それらの項目において状態が悪いことを示しています。

これらの調査で得られた結果が、国外の投資家たちにとってスイスが魅力的な経済拠点となる重要な要素となります。 詳しい情報は 事業展開ハンドブックを御覧ください(参照項目“安心と信頼”)

もっと読む
共有する

関連コンテンツ