ニュース

スイスは世界で最も競争力の高い国

世界経済フォーラム(WEF)は今日、国際競争力指数の2015-16年版を発表しました。スイスはこのランキングで、2010年以来1位を守り続けています。

WEFの国際競争力指数は、この類のランキングにおいて世界で最も総合的な評価を下す報告書とみなされており、140の国・地域の競争力に関するパフォーマンスを概括しています。評価項目は、制度、政策、現在および中期的な経済の繁栄度の決め手となる種々の要素。その結果として、スイスは連続7年1位を占めています。あとを追うのは、シンガポールとアメリカです。

なぜ、一つの国がこれだけ長い期間「無敗」を続けているのでしょうか。スイスの秘密のレシピはさまざまな材料のミックスからできています。世界最高レベルの革新、洗練度の高い事業環境、技術の成熟度の高さ、効率的な労働市場最高水準の高等教育および職業訓練制度、優れたインフラなどはその一部。また、公的機関の能率や透明性も高く、マクロ経済環境も他の多くの国より安定しています。

しかしWEFは次のような結論も引き出しています。「スイスでは事業活動にかかるコストが高い。さらに、強い通貨やマイナスの実質金利、今後の移民政策が不明確であることも安心感をそぐ警告すべき要素だ」。競争力におけるトップの座を固守し続けるために、スイスは現在これらの問題に取り組んでいるところです。

スイスやビジネスロケーションに関する詳細は事業展開ハンドブックをご覧ください。

共有する

関連コンテンツ