ニュース

スイスは世界で最も幸福な国のひとつ

3月20日の国際幸福デーに発表された国連の国際幸福度報告書の最新版によれば、スイスは世界で最も幸福な国のひとつとして評価されています。 ヨーロッパに位置するスイスは、ノルウェー、デンマーク、アイスランドに僅差で続いて4位でした。

スイスは人々が幸せに暮らしている場所です

この毎年刊行される 世界幸福度報告書(World Happiness Report) は現状の世界の幸福度を測る指標となっています。 2017年版では、155カ国が幸福度を査定され、ランク付けされました。 国際調査員が各国のデータや住人へのアンケート調査の結果を分析し、評価します。 比較される項目は次の通りです:

  • 国内総生産(一人あたりの購買力評価)
  • 健康寿命の期待値
  • 自由さ
  • 寛容さ
  • 社会的に助け合える環境
  • 行政やビジネスにおいて、汚職のない環境

2017年版の世界幸福度報告書によれば、上位4カ国間の差は、ほんのわずかな変化で毎年順位が入れ替わってしまうほど小さなものです。 「これら4カ国の全てが、幸せに生活するための主な項目の全てでランキングの上位につけています。 具体的には、お互いを思いやる環境、自由さ、寛容さ、正直さ、健康や収入、そして優れた行政といった項目です」とこのレポートの著者たちは説明しています。 2016年のランキングでは、スイスは2位で、 デンマークが首位でした。2015年はスイスが 首位に立っています。

今年のトップ20には、フィンランド(5位)、カナダ(7位)、イスラエル(11位)、コスタリカ(12位)、アメリカ合衆国(14位)、そしてドイツ(16位)などがランクインしています。 このランキングの最下位は中央アフリカ共和国でした。

アメリカ合衆国の雑誌「U.S. News & World Report」による各国評価の国際ランキングでは、スイスは 現在トップの座 についています。マーシュ・ポリティカルリスク・マップ2017年版 では、政治情勢が「完全に安定している」という評価を受けている国は世界でわずか3カ国であり、スイスはそのうちのひとつです。。 同時に、生活の質が高い都市の国際ランキングのトップ15にスイスの4都市が入っています。 チューリッヒ(2位)、ジュネーブ(8位)、バーゼル(10位)、そしてベルン(14位)の4都市です。

リンク

共有する

関連コンテンツ