ニュース

スイスが「世界最高の国」ランキングで首位獲得

米週刊誌『USニューズ&ワールド・レポート』がペンシルバニア大学ウォートン校とBAVコンサルティング社と共同で作成し、今週発表した「世界最高の国」ランキングで、スイスは世界最高の国として評価されました。

スイスが「世界最高の国」ランキングで首位に輝きました
スイスが「世界最高の国」ランキングで首位に輝きました

同調査には世界36か国で21,000人以上が協力し、80か国を評価しました。 各国が諸外国からどのように認識されているのかを把握するために、市民権、生活の質、権力、経済の影響力などが評価基準として用いられました。

また、今年から評価対象に加わった国が20あり、 スイスもその一つでした。 スイスは教育、民主主義、事業機会、生活の質に対する姿勢が評価され、首位に立ちました。 中でも下記のカテゴリーでは最高順位を獲得しています。

ビジネスに対するオープンな姿勢

起業家精神

市民権

生活の質

文化的影響

BAVコンサルティング社のジョン・ジェルゼマ社長は「我々のデータには、多くの国々を不安と混乱に追い込んだ社会的変化や地政学的変化に対する世界の懸念が表れています」と述べています。 「新しいランキングは秩序を取り戻したいと願う人々の心情を反映しており、その結果、中立性や安定性、巧みな外交というようなイメージの強い国々が高く評価されることになりました」。

マーシュ社の「ポリティカルリスク・マップ2017年版」でも、スイスは今日の世界で「安定性が完全に保証されている3か国」のうちの一つに数えられています。

スイスは失業率が低く、スキルの高い労働力を有しており、『CIAワールドファクトブック』によると一人当たりの国内総生産が世界最高レベルです。 スイスの強い経済は、低い法人税率や、金融サービスをはじめとする高度に発展したサービス業、ハイテク製造業などに支えられています。

出典: www.usnews.com

リンク

もっと読む
共有する

関連コンテンツ