カテゴリーの選択
ニュース

スイス連邦工科大学がデータサイエンスセンターを開設

スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)とローザンヌ校(EPFL)の両大学が共同で国立データサイエンスセンターを開設しました。 開設の目的は、スイスのデータサイエンス分野の競争力を国際水準まで高めることです。
スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)とローザンヌ校(EPFL)がデータサイエンスセンターを開設しました。
スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)とローザンヌ校(EPFL)がデータサイエンスセンターを開設しました。 (写真: Merlin photography ltd./スイス連邦工科大学ローザンヌ校、EPFL)

スイス・データサイエンスセンター(SDSC)は月曜、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH)とスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の学長であるLino Guzzella教授、Martin Vetterli教授の両氏の立ち会いのもと開設されました。 ベルンで行われたこの祝典には、Jure Leskovec氏も基調講演者として参加しました。Leskovec氏はスタンフォード大学 の准教授であり、ソーシャルネットワークサービス「Pinterest」の研究チーフも務めています。

この新しいデータサイエンスセンターはチューリッヒとローザンヌに活動拠点を置きます。 開設の背景には、スイスにデータサイエンス分野のノウハウを蓄積し、国際競争を勝ち抜くための基盤を整えるという目的があります。 スイス連邦工科大学チューリッヒ校のプレスリリースによると、データサイエンスの重要性は世界中で日増しに大きくなって います。 データサイエンスは複雑化する現代社会をより正確に分析するために不可欠な、新しいツールとして期待されています。 この分野は、他の研究分野と並んで、個別化医療において大きな意味を持ちます。 個別化医療は環境学、製造機械エンジニアリングと並んでデータサイエンスセンター(SDSC)における主要な研究テーマとなる見込みです。

Guzzella教授はプレスリリースの中で「デジタル化されたデータの山の中から有益な情報を導き出すには、データの専門家の特別なノウハウが必要です。 新設されたデータサイエンスセンターは、そのような知識やノウハウが集まる場所となり、さらに学際的なプラットフォームとして教育や知識の共有にも貢献するでしょう」と語っています。

スイス・データサイエンスセンター(SDSC)には、クラウド上で管理されるタイプの新型分析プラットフォームの開発を進めることも期待されています。 「知識の工場」とも呼ばれるこのプラットフォームには、データが整理、較正、匿名化された上で保存され、研究や分析の材料となります。 Vetterli教授は「この新しいプラットフォームはオープンサイエンスの発展に寄与するでしょう」と話しています。

もっと読む
共有する

関連コンテンツ