ニュース

スイスの大学のイノベーティブさは欧州トップクラス

トムソン・ロイター社は欧州のイノベーティブな大学の年間ランキングを発表しました。 今回は、スイスの4大学がトップ 25 入りを果たしています。 スイスよりも優れた成績を残したのは、英国およびドイツの2か国のみです。 このランキングではビジネスへの影響力を含む、10 種類の指標が評価されています。

スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)の校舎
スイスで最も上位に入ったスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)は、世界ランク5位になりました。

スイスが世界で最もイノベーティブな国として認知されるようになった大きな理由として、大学の実力が挙げられます。 新しいトムソン・ロイター社によるランキングは、スイスの大学の実力を明白に映し出すものとなりました。 ロイターは欧州において「最先端科学への取り組み、最新テクノロジーの発明、世界の経済成長への貢献という3点で最も貢献度が高い」大学の特定を試みました。 スイスで最も上位に入った大学はスイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)で、5位にランクインしました。 EPFL は「ビジネスへの影響力」の項目で他に大差をつけて最高得点を獲得しました。

ランキング全体では、スイスの4大学がトップ 25 入りを果たしています。 EPFL(5位)、チューリッヒ大学(9位)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH Zurich、11 位)、そしてバーゼル大学(25 位)の4大学です。 スイスよりも優れた成績を残したのは、英国(6大学)およびドイツ(5大学)の2か国のみです。

このランキングの作成は、2010 年から 2015 年にかけて 50 以上の特許を申請した大学機関を特定することから始まりました。 次に、ここで候補に挙がった大学は、さまざまな指標を基に評価されました。その指標には、大学が申請した特許が認可された割合、国際的な特許局や各地域の管轄局に対して行った特許申請の回数、そして、その大学の特許が他の機関から引用された頻度、といった項目が含まれています。 これらの大学はさらに、研究論文が特許文章の中で引用される頻度や、産業界との共同研究によって作成された論文の割合なども査定されました。

ソース: startupticker.ch

リンク

もっと読む
共有する

関連コンテンツ