カテゴリーの選択
ニュース

スイスの医療技術(Medtech)産業を輝かせるイノベーション力とダイナミズム

スイス企業は、3Dやロボットテクノロジー、e-Healthを導入したソリューションなどのハイテク機器、医薬品や医療用製品を組み合わせた製品などを活発に製造する技術において、世界をリードしています。 パイオニア精神や発明への探究心に支えられ、スイスは古くからインプラント、補聴器、診断のための医療機器などの分野で世界有数の存在であり続けています。

シュリーレンにあるVirtamed AG本社。 VirtaMed ArthroS-Simulatorsを操作する女性社員。
医療テクノロジーはスイスの技術産業の領域で2番目に活発な分野です。

医療技術産業におけるスイスのイノベーション力は、統計でも裏付けられています。 2016年、欧州特許庁(EPA)に598件の医療技術関連の特許がスイスから申請されており、前年よりも約11%多い数字です。 これにより、技術開発分野における医療技術は、スイスで2番目に活発な産業となりました。 欧州圏内で比較してみると、スイスはドイツとオランダに続いく特許出願数です。

このような創造的なダイナミズムは、新開発製品が急激な速さで立て続けに市場に導入されているという事実にも現れています。 スイスの医療技術分野におけるイノベーション頻度は、これまで同様に驚くほど活発です。 例えば、2014年のプロダクトポートフォリオでは、44%が開発5年未満の製品でした。

研究機関と産業の共同作業
さらに、スイスの高い教育水準や高い研究レベルがこの領域でのイノベーション力を後押ししています。 この分野では、 研究開発 にスイスの医療技術関連企業は大きな投資を行っています。SMTI-Report 2016(独語)によると、企業の規模や活動年数で異なりりますが、最大で年間収益の30パーセントを研究開発に投資している企業も見受けられます。 その中でも、とりわけ小規模の企業が最も大きな比率の投資を行っています。

新製品は企業内での開発の他にも、業務提携や大学機関との提携によって生み出されています。 大手企業はアイデア、プロトタイプ、完成品を外部から購入することで、独自の開発を補っています。 多くの企業はさまざまな産業パートナーや諸大学との共同プロジェクトに積極的に参加しています。

Swiss Medtechについて
SWISS MEDTECHは、FASMEDとMedical Clusterという医療技術関連の国立機関同士が合併し、2017年6月12日に設立されました。 この新しい産業連盟は、スイスの医療技術業界の利益を代表して追求します。 この連盟設立の目的は、スイスの医療技術分野の国際競争力とイノベーション力を維持し、国内市場を強化することです。www.swiss-medtech.ch

医療技術産業の活動拠点として、スイスは魅了的な立地です。詳細はこちらのファクトシートをご参照ください。

出典: Swiss Medtechのプレスリリース

リンク

共有する

関連コンテンツ