ニュース

新設の「Crypto Valley Association」でスイスのブロックチェーン・イノベーションを世界へ発信

スイス・ツーク州に本部を構えるCrypto Valley Associationは、スイス政府公認の独立した団体であり、スイスの強みを最大限に活用して、同地域を世界的なブロックチェーンおよび暗合システムの拠点としての確立を目指して設立されました。

Crypto Valleyは世界有数のブロックチェーン・エコシステムを有します。
Crypto Valleyは世界有数のブロックチェーン・エコシステムを有します。

Crypto Valleyはスイスのツーク州周辺を拠点とし、ロンドン、シンガポール、シリコンバレー、ニューヨークなどの国際的なブロックチェーン・イノベーション拠点と活発な連携をとる、スイスのブロックチェーン・クラスターです。

スイスにおけビジネスに友好的な規制枠組みや豊富な人材と優れたインフラが幸いし、Crypto Valleyは急成長中の暗号システムやブロックチェーン関連の最先端技術やビジネスが、安全で支援体制の整った魅力的な環境のもとに繁栄し得る、世界有数のクラスターへと急速に成長しています。既にEthereum社、Monetas社、Bitcoin Suisse社、Xapo社、ShapeShift社、ConsenSys社、Tezos社などを含めた数十社の暗号システム企業や団体が同地域に拠点を設けています。

新設されたCrypto Valley Associationは、スイス国内外でブロックチェーンや暗号システムと、その関連技術やビジネスの発展を支援する非営利団体です。同団体はスタートアップ企業や既存企業を、政策提言、研究プロジェクトの推進、会議やハッカスロンなどの業界内イベントの運営などを通じて支援を行います。

 

革新的な企業を魅了する世界的な団体へ

「ブロックチェーンと暗号システム関連技術ビジネスは今後の大きな動きです。Crypto Valley Associationの創設は、Crypto Valley地域の存在を世界に見出すに留まりません。業界内で最も革新的かつ先見性を持ち合わせる企業にとっても魅力的な拠点となり、スイス全体が同業界内のイノベーションに先駆的な拠点として更に存在を確立させることができる団体を創りあげたと感じています。」と、Crypto Valley会頭Oliver Bussmann氏はコメントしています。

 

Crypto Valley Associationはベンチャー企業、非上場企業、メディア、IT企業、大学、新設スタートアップ企業などを支持しています。同団体のネットワーク効果は優れた人材や豊富な知識やノウハウを集め、起業家や既存企業にとっても充実した発展基盤を提供しています。

 

創設メンバーに大手企業

創設メンバーにはツーク州およびツーク市をはじめ、プライスウォーターハウスクーパース、ルツェルン応用科学芸術大学、UBS、ロイター、ConsenSys、Luxoft、 Lykke Corp、Monetas AG、iprotus GmbH、Inacta AG、bacademy、Lakeside Business Center AG、Lakeside Partners AG、Leon Partnersなどが名を連ねています。

 

Crypto Valley Associationは会頭のOliver Bussmann氏(Bussmann Advisoryの創設者およびマネージング・パートナー。UBSおよびSAPの前CIO)、副会頭Vasily Suvorov氏(Luxoft社Vice President Technology Strategy)、そして財務責任者René Huesler氏(Lucerne School of Information Technologyおよびルツェルン応用科学芸術大学ディレクター)により運営されています。 

リンク

共有する

関連コンテンツ