スイスのテクノロジー + 産業

ブロックチェーン

スイスのツークで生まれた「クリプトバレー」は、EthereumやBitcoin Suisseが拠点を構えたことを皮切りに、ブロックチェーンの新しいビジネスベンチャーを促進する場所として世界的な評価を得ています。 

ITエンジニアたちが、データセンターで可視化されたブロックチェーンの図を見ながら、技術的な面での詳細について話し合うところ

スイスの地方分権型・ボトムアップ型の政治文化により、暗号通貨技術は、自然に受け入れられました。 2018年、スイス金融市場監査局(FINMA)は、ICOのガイドラインおよびトークンの分類に関する明確なガイドラインを公開した世界最初の規制機関となりました。 スイス政府の実践的なアプローチは、ブロックチェーン企業にとって特に好ましい環境を作り出し、以下のような世界に先駆ける豊かなエコシステムを作り出したのです。 2016年、ツークは税金の支払いにビットコインを使用することを受け入れた最初の都市となりました。2018年、かつてAmunとして知られていたフィンテック企業の「21Shares」が、スイス証券取引所で、世界初の暗号通貨による上場取引型金融商品(ETP)を開始しました。そして、2019年は、スイスを拠点とするSEBAとSygnumの2社に銀行業の許可を与え、世界最初の暗号通貨銀行が誕生しました。

リンク

スイスのテクノロジー + 産業

アドバンスド・マニュファクチュアリング(先進製造)

製造工場内の産業用ロボット
時計産業、MEM(機械、電気、鉄鋼業)産業、およびメドテック(先端医療技術)の長い伝統のおかげで、スイスは高度に産業化された精密機械製造クラスタが形成されました。これにより、デジタル化が進む現代の最先端製造プロセスの分野で、スイスは世界のトップランクに入る存在です。 製造拠点としてのスイス...
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください