情報

イノベーションとテクノロジー

スイスにはイノベーションにとって最高の立地条件が揃っています。

イノベーションとテクノロジー
イノベーションとテクノロジー

研究開発のためのホットスポット

スイスは国内総生産の3%を研究及び開発に割り当てており、世界的リーダーとして名を連ねています。国際的な研究団体と深いつながりを持つ60を超える高等教育施設を有しています。

研究の重要な拠点のひとつとして、スイスは非常に有能な海外の研究者たちを魅了しています。欧州原子力研究機関(CERN)やポール・シェラー研究所(PSI)等、国際的レベルの機関の数々がスイスに拠点を置いています。

主要な産業クラスター

主要な産業クラスターはスイスを拠点に選びます。産業界において、機械、電気工学、金属工業(MEM)が重要な役割を担います。また、情報通信産業(ICT)の中心としてのスイスの重要性も高まっています。スイスの北西部は唯一のの生命科学クラスター、環境保全技術部門の本拠地であり、スイスは特に二酸化炭素の削減及びリサイクルに強い国です。

強力な教育システム

教養のある人材、多数の言語を使いこなせる人材、やる気のある人材、誠実な人材を見つけることは、スイスでは難しいことではありません。スイスの教育制度は、一流の大学教育と共に職業訓練を兼ね備えています。この二重制度により、イノベーション及び創造性に対する国の能力が高められています。

世界トップレベルの大学100校のうち4校がスイスの大学です。スイス連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)、スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)、ジュネーヴ大学およびチューリヒ大学です。スイス連邦工科大学チューリヒ校とびスイス連邦工科大学ローザンヌ校は世界の最高レベルの大学20校に含まれています。国による学校制度は、240校の私立校と寄宿学校により補完されており、国際教育を提供している学校もあります。

 

もっと読む
共有する

関連コンテンツ