ファクトシート

ブロックチェーンのハブとして機能するスイス

スイスは、ブロックチェーンや分散型台帳技術(DLT)関連の新しい事業アイディアが次々と集まる中心地です。もともとはツーク州を拠点としていたクリプトバレーは、これらの技術のハブとして国際的な成長に貢献し、世界中から優れた評判を得ています。これにより、暗号通貨、ブロックチェーン、そしてDLT関連で活躍するたくさんの企業が、こぞってスイス国内に集まるようになりました。

ブロックチェーンのハブとして機能するスイス

スイスは、次の点で世界的に広く知られています。それらの点とは、データ保護に関して積極的な法整備、世界トップレベルの人材、そして開放的な寛容さです。ブロックチェーンがそうであるように、スイスも非中央集権的、つまり分散型の行政が行われています。このことは、これらの新しいテクノロジーを理解する上で、ポジティブに作用しています。スイスの連邦参事会は、これらのテクノロジーに対してオープンで積極的に支援しようとする姿勢を示し、ブロックチェーン関連企業が事業を展開しやすい法的枠組みを整えています。これにより、世界初のできごとが何度も起こるような、活気のあるエコシステムを形成するに至りました。2016年にツーク市は、世界で初めて納税を目的としたビットコインでの支払いを認めました。2017年、クリプトバレーは、イーサリアムを基にした分散型のIDシステムの導入を宣言しました。2018年には、フィンテック企業のアムン(Amun)が、世界で世界初の暗号通貨インデックス投資商品の取引を、スイス証券取引所(SIX)で開始しました。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください