ファクトシート

ロボット工学およびドローン活用拠点としてのスイス

スイスは、「ロボティクス業界のシリコンバレー」として良く知られており、ロボット工学およびドローン産業を国際的にリードする存在となっています。 これは、機械工学や時計製造などの関連する分野での長年の経験や強みが発揮された結果でもあります。

ロボット工学およびドローン活用拠点としてのスイス

連邦政府による実益を優先した法整備、イノベーティブな研究者、そして優れたネットワ ークによって、スイスは現在、ドローン技術開発の最先端を行く存在となっています。 とりわけ、無人交通管理(UTM)の分野では、スイスはパイオニアとして研究開発を進めています。 航空交通管制事業を運営するスカイガイド(Skyguide)社は、完全にデジタル化された空域管理システム(U-Space)を開発し、2017年にジュネーブで世界中のパートナーたちと共同でこのシステムのテストを行い、成功を収めました。

この成功を受けて、多くの参画者が現在U-spaceの全国規模の導入に向けてプロジェクトを進めています。この動きは、ヨーロッパ全体の将来の動向を示す指針となると見られています。 2019年3月、以下の企業が協定の覚書に署名を行いました: スカイガイド(Skyguide)、エアマップ(Airmap)、スイスコム(Swisscom)、インヴォリ(Involi)、 センスフライ(Sensefly)、ウイング(Wing)、オーテリオン(Auterion)。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください