ニュース

事業投資セミナー -仮想通貨事業- を開催

スイス外国企業誘致局は、5月30日に一般社団法人Fintech協会、KPMG税理士法人、株式会社三菱UFJ銀行、一般財団法人海外投融資情報財団の後援を受け、「スイス事業投資セミナー -仮想通貨事業- 」を開催しました。

事業投資セミナー 仮想通貨 東京 2018
5月30日開催 事業投資セミナー -仮想通貨事業- 

ここ数年で大きな話題を呼んでいる仮想通貨事業は、スイスもその拠点として候補地とされることも多く、「クリプトバレー」と呼ばれる地域の存在も知られるようになっています。日本企業のみならず、世界中から注目の高いこの分野での事業設立に焦点を絞り、スイスでの事業設立の優位性や留意点などを、設立事例を交えながら考察する機会を設けました。

冒頭で在日スイス大使館 スイス・ビジネス・ハブ 日本代表 クラウディオ・マツケリより開会の挨拶を述べ、続いてスイス外国企業誘致局 主席担当官 寺岡正樹がスイスの投資環境を説明しました。その後、 KPMG税理士法人よりインターナショナルコーポレートタックス部門 パートナー 三浦晃裕氏がスイスの税制とその動向について解説を行い、続いてKPMGスイス インターナショナルコーポレートタックス・M&Aタックス統 パートナー のゲルノット・ツィッター氏に、スイスでの仮想通貨事業設立に関する留意点を詳細に説明いただきました。最後に、日本企業のスイスへの進出事例として、財産ネット株式会社 代表取締役 荻野調氏に、実際の設立体験を講演いただき、2時間に亘るセミナーを終えました。講演後の質疑応答では参加者から講師へ複数の質問が寄せられ、その詳細かつ鋭い質問内容に、スイスでの仮想通貨事業に対する関心の高さを伺える一幕もありました。セミナー後の懇親会でも参加者と講師が活発に意見交換を行い、活気溢れる会となりました。

スイス外国企業誘致局は、事業展開に関する情報提供のほか、必要に応じて州政府への相談や交渉も仲介・支援しています。次回のセミナーは10月頃の開催を予定しています。

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

ダウンロード

セミナーの様子

もっと読む
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください