ニュース

高性能コーティング開発スタートアップCoat-Xが日本企業と連携

スイスのスタートアップCoat-X社は、オーエスジー株式会社との戦略的パートナーシップを発表しました。この連携により、Coat-X社はアジア市場へのアクセスにおける優位性を確保すると同時に、顧客サービス基盤強化と技術発展の機会創出に期待を寄せています。

Coat-X社の技術は、優れた密閉性と最小限のボリューム使用率を備えながら、競争力のあるコストレベルを実現している点で他に類を見ない製品となっています。
Coat-X社の技術は、優れた密閉性と最小限のボリューム使用率を備えながら、競争力のあるコストレベルを実現している点で他に類を見ない製品となっています。

ヌーシャテル州ラ・ショー=ド=フォンに立地するテクノロジーパーク「マイクロシティ」に拠点を構えるスタートアップCoat-X社は、2015年に設立され、高付加価値部品を湿気や腐食から保護する超密着薄膜コーティング製品の開発と製造を専門としています。

同社の専門性の高い技術基盤は、製薬会社のジョンソンエンドジョンソン社とEngineering School HE-ARCとの共創により創出されたものでした。この度、新たな市場への参入を視野に、世界各地で広範囲に産業向け工具を製造する日本企業オーエスジー株式会社(OSG、本社:愛知県豊川市)と戦略的パートナーシップを締結したことを発表しました。

この合意により、OSG社がCoat-X資本へ出資し、Coat-X Japan株式会社を設立。日本における拠点は愛知県豊川市のOSG本社敷地内に設けられ、Coat-X社の製品は、2022年初頭より、新設のコーティングセンターから直接アジア市場へ提供開始の見込みです。

あらゆる産業にCoat-Xの技術をもたらす

日本企業との新たな連携により、Coat-X社は既存の顧客サービス基盤を強化しながら、優位的にアジア市場へのアクセスが可能となります。世界33ヶ国で事業を展開し、17の生産拠点を有するOSG社は、Coat-X社の革新的な薄膜コーティング開発継続と、急速に変化する環境で高性能なマイクロカプセル化コーティング技術を必要とする多様な産業に同社の「スイス製」技術を提供するにあたり、最適なパートナーです。

 

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください