ニュース

インフォシスがスイスに拠点設立

世界有数のITエンジニアリングサービスプロバイダのインフォシス社が、アールガウ州・バーデンでの拠点設立を発表しました。新拠点設立により、同地の豊富な人材を軸にターボ機械と推進力の分野での性能向上を図ります。

Infosys社
© Binoyjsdk/Wikimedia Commons

Infosys Limited(本社:インド・カルナーカタ州バンガロール)は、同社プレスリリースでスイスのアールガウ州・バーデンに新拠点設立を発表しました。これはインフォシス社の総合成長戦略の一環であり、エネルギー業界や航空業界に従事する顧客のデジタル・トランスフォーメーションを支援するものです。バーデンの新拠点では特にターボ機械や推進力分野の強化を見込んでいます。

バーデンは古くからエンジニアリングの拠点として知られており、インフォス社がターボ機械分野のパイオニアとして捉えているブラウン・ボベリ社などの設立地でもあります。ブラウン・ボベリ社は後にスウェーデン企業のASEA社と合併しABB社となっています。インフォシス社の新拠点設立をAargau ServicesCity of Baden business development initiativeと共同で支援を行ったアールガウ州・バーデンのプレスリリースによると、インフォシス社は「経験豊富なエンジニアが存在する卓越した人材環境」、「地域のタービン専門性」、「バーデンのイノベーションに対する開放性や可能性」などに魅力を感じ、同地を拠点として選択しています。

「アールガウ州・バーデンを選択することは、電気分野から金属分野まで歴史あるスイス・エンジニアリングの中心に位置することを意味しています。インフォシス社はこの伝統を未来へつなぐ役割を担うでしょう。」と、経済・内政部門長Urs Hofmann氏はコメントしています。

 

事業展開ハンドブック

事業拠点としてのスイスの優位点、スイスの投資環境、生産コスト、税制、インフラや新技術、ファイナンスや法務など、会社設立に必要な情報をまとめたハンドブック(全168ページ)を、ぜひご一読ください。

ダウンロード
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください