ニュース

アマゾンがチューリヒ経済圏にデータセンターを建設中

Amazon.com, Inc.(本社:米国・ワシントン州)は、 「Amazon Web Services (AWS)」 をスイスで拡大する計画を進めています。同社はスイスに独自のデータセンターを建設中で、このサービスは、2022年以降にチューリヒ経済圏で利用可能となる見込みです。

イメージ写真
イメージ写真: Pxhere

Amazon Web Services (AWS) は、チューリヒ地域におけるAWSの新設を発表しました。同社発表のプレスリリースによると、2022年後半に開業予定の新施設は3つのアベイラビリティゾーンが設定され、このデータセンターで生成されたデータは追加的に国外に流出することはないとしています。同社の計画では、エンドユーザーとして新設データセンターを利用できるのは政府機関、教育機関、非営利団体に加えて、研究者やスタートアップ、一般企業も含まれており、顧客のアプリケーション実行能力を高めるサービスの提供を予定しています。

AWSは本年初頭にイタリアでの開業を皮切りに、現在、インドネシアと日本、スペインでも建設を進めています。欧州では既にダブリン(アイルランド)、フランクフルト(ドイツ)、ロンドン(英国)、パリ(フランス)、ストックホルム(スウェーデン)、ミラノ(イタリア)で運営されており、AWSチューリヒは、欧州内で8番目のAWS拠点となる予定です。最終的には世界27のAWS拠点から77のゾーン提供を行う見込みです。

AWSのプレスリリースによると、2006年から運営しているアマゾン・スイス提供のクラウドサービスは、すでにスイス国内の多くの企業で利用されています。2016年には最初のAWSオフィスがチューリヒにオープンし、その1年後にはジュネーブオフィスも開設しています。建設中のAWSデータセンターは、地域のデータセンターとの連携することで、より高速に動作するアプリケーションの提供や、データの所有権に関する厳格な要件を満たすアプリケーションセキュリティを顧客に提供する見込みです。この要件には、スイスで生成されたデータをスイスにおいてのみ保管する義務などが含まれています。

ファクトシート:スイスのサイバーセキュリティ技術

中立性や法の確実性、政治的安定性などのスイスの特徴は、サイバーセキュリティ分野においても優位性を発揮します。高レベルのプライバシー保護と規制密度の低さを存分に活用できます。

リンク

共有する
ご希望の連絡方法を選択してください