ニュース

チューリヒ、欧州のテクノロジー・ハブへ

欧州最大のプログラミング競技会であるHackZurichが再びチューリヒで開催されることが決まりました。この開催を基盤とし、チューリヒを革新技術の欧州拠点として発展させる試みです。

 

 

 

本年新しくチューリヒで開催が決まったデジタル・フェステイバルは、2016年9月15日-18日の会期が予定されています。スイスで最も新しいテクノロジー展示会は、大手企業、スタートアップ企業、発明家たちに意見交換を促す場を提供し、ワークショップなどを開催を通じて欧州全土から技術や才能が集結します。

チューリヒはHackZurichを過去に数回開催しており、 既にテクノロジー・ハブとしての存在を確立しつつあります。500以上の参加者と125 以上のプロトタイプが集まるHackZurichは欧州最大のプログラミング技術競技会とされ、世界中の企業がスポンサーとしても協賛しています。2016年度はHackZurichとデジタル・フェスティバル2016が合同開催されることとなり、デジタル・フェステイバルは著名な技術者による革新技術や創造性に関する講演や、「トランスフォーマーズ・ディ」と称した技術・知識のビジネス転換に特化した催し、スタートアップ企業によるビジネスモデルの発表など、様々なプログラムによって構成されています。同フェスティバルとの合同開催により、HackZurichは500以上のプログラマーたちの参加を見込んでいます。

もっと読む
共有する

関連コンテンツ