ニュース

2015 年のスイスの研究活動は過去最高水準

2015 年のスイスにおける研究開発

スイスは 2015 年に、年間で 220 億スイスフランを研究開発に投じました。2012 年に行われた前回の調査に比べ、10.5% の上昇となります。 とりわけ、企業(71%)と大学(27%)における研究開発が盛んで、合計 12 万5千人弱が携わっています。 他国と比べても、スイスは研究開発費の対 GDP 比という点で秀でています。 これは研究開発に関して、スイス連邦統計局が発表した重要な成果です。

イノキャンパス・ビール(Innocampus Biel)内の産業写真、イノキャンパス・ビール(Innocampus Biel)の化学実験室での研究
スイスは研究開発分野でOECD諸国のトップグループに食い込んでいます。

2015 年にスイス国内で行われた研究活動に投じられた研究費は 221 億スイスフランとなり、過去最高を記録しました。 2012 年に行われた前回の調査に比べ、10.5% の上昇となります。 経済および金融政策の面で変動が大きかった背景を考えると、この規模の上昇は驚くべきものです。 2015 年のはじめに行われたスイス国立銀行(SNB)による対ユーロの為替上限撤廃の結果、スイスフランの価値が暴騰しました。 こうした厳しい経済状況をものともせず、スイス経済全体の指標となる国内総生産(GDP)に比べて、研究開発への投資額は明らかに大きな伸びを示しています。

大学の研究開発費の伸び率は国内平均以上

金額の面から見ると、スイスでは民間企業が、これまでと同様に研究開発を進める上で最も重要な役割を担っています(研究開発費全体の 71%)。 それに続く大学も、研究開発費の伸び率では国内平均を上回っています。 2000 年代から見られる力強い成長を背景に、研究開発分野における大学の構成比率は拡大し続けています。 研究開発費の総額に占める大学の割合は2000年の時点では23%でしたが、それが2015年に27%まで伸びています。

スイスでは研究開発費の対 GDP 比が高水準

研究開発費の伸び率が GDP の成長率を上回ったことにより、従来高かったスイスにおける研究開発費の対 GDP 比はさらに高まりました。 現在、スイスの研究開発費は国内総生産(GDP)の 3.4% を占めています。 これは、OECD諸国の中でも最高水準となります。 スイスはイスラエル、韓国、日本に続いて第 4 位に位置しています。

出典: スイス連邦統計局のプレスリリース

 

リンク

もっと読む
共有する

関連コンテンツ