ニュース

BeiGene社がバーゼルへ

グローバルに展開するバイオ医薬品企業BeiGene Ltd.(本社:中国・北京)が、地域統括本部をバーゼルに設立しました。バーゼルエリア・スイス(バーゼル州政府経済開発局)が立地の選択を支援しました。

©ma luyao/Wikimedia Commons
©ma luyao/Wikimedia Commons

ナスダックや香港市場に上場しているBeiGene社は、革新的な分子標的薬や免疫腫瘍薬の発見、開発、商品化におけるグローバルリーダーとしての地位を目指しています。

BeiGene社は、新設されたバーゼル拠点では欧州の臨床試験業務やアジア以外での医薬品候補の市販準備業務を行う予定です。新拠点の設立は同社にとってバイオ医薬品のグローバルリーダーとして重要な役割を担います。

優秀な人材が豊富であり、好意的なビジネス環境や欧州市場への近接性がBeiGene社がバーゼルでの拠点設立を決断させました。バーゼルにはがん医療に携わる世界的企業の拠点が幾つも存在し、地域は活気あるバイオテクノロジー・ハブとして知られています。多くの大手ライフサイエンス企業がバーゼルで医薬品の商品化に取り組んでいます。

BeiGene社は500名規模の臨床部門を中国、米国、オーストラリアに持ち、世界各地に約1,300名の従業員を擁しています。中国の北京、広州、上海、蘇州をはじめ、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ、ニュージャージー州リッジフィールド、カリフォルニア州エメリービル、カリフォルニア州サンマテオに拠点を構え、このほど欧州拠点としてスイスのバーゼルに進出しました。

 

Handbuch für Investoren

Unser Handbuch enthält Informationen über die wichtigsten Vorteile der Schweiz als Wirtschaftsstandort sowie über das derzeitige Investitionsklima, die Produktionskosten, die Steuern, die Infrastruktur und neue Technologien, Finanzierungen und Rechtsangelegenheiten.

Download
共有する
How should we contact you?