ニュース

米Dfinity社がチューリヒに開発拠点

クリプトバレーに財団を置き、分散型インターネットコンピュータ開発を行う米国企業Dfinity社が、チューリヒに研究開発拠点を設立します。同社は既に1億スイスフラン以上の資金調達に成功しています。

Dfinity社創設者のDominic Williams氏 (©Dfinity)
Dfinity社創設者のDominic Williams氏 (©Dfinity) 

Dfinity社の研究開発拠点はチューリヒ駅から程近い場所に設立予定であることを、創設者のDominic Williams氏がHandelszeitung(スイスのビジネス誌)の記事で公表しています。2018年末までに15人の従業員が勤務を始め、来年にはその数も40人程に増加する見込みです。「チューリヒが我々の欧州ベースとなる予定です。」と、Williams氏は説明します。

Dfinity社は米国発のスタートアップで、既に2年前にスイス・ツークで財団を設立して活動を始めており、現在はチューリヒでの更なる業務拡充に向けて資金調達を行っています。同社はブロックチェーン3.0として知られるパブリックブロックチェーンを基盤に創られたインターネットコンピュータの開発を行っています。「インターネットコンピュータは次世代のソフトウェアやサービスの提供元となるべく設計されています。」と、複雑な自律プログラムの分散実行を可能にするこのコンピュータについて、同時期に発表された同社のプレスリリースでも説明しています。

Williams氏はHandelszeitungの取材に、優秀な人材が豊富なチューリヒでインターネットコンピュータの開発は継続されることを公表し、「チューリヒは特に、暗号技術や分散型コンピューティング分野の専門性が高い連邦工科大学チューリヒ(ETH)の存在が、我々にとって優位性をもたらします。」と、コメントし、同時に、チューリヒに研究開発拠点を構えるGoogleIBMへの近接性も強調しました。

Dfinity社は8月末にも1億スイスフラン以上の調達を発表し、出資者には、かつてTwitterやAirbnb、Buzzfeedなどに出資してa16zとして知られるAndreessen Horowitzや、クリプト関連に特化したファンドのPolychain Capitalなどが名を連ねています。同社の資本金は、これまでの調達額と合わせると、およそ2億米ドルとなる見込みです。

Handbuch für Investoren

Unser Handbuch enthält Informationen über die wichtigsten Vorteile der Schweiz als Wirtschaftsstandort sowie über das derzeitige Investitionsklima, die Produktionskosten, die Steuern, die Infrastruktur und neue Technologien, Finanzierungen und Rechtsangelegenheiten.

Download
共有する
How should we contact you?