ニュース

世界最大のスタートアップ・アクセラレーターがスイスへ

過去最大のスタートアップ・アクセラレーター、マスチャレンジがレマン湖地域でより一層の発展を計画しています。

ボストンに本拠を置くスタートアップ・アクセラレーターのマスチャレンジは先日、世界に広がるアクセラレーター・ネットワークを拡張し、スイスへの進出を決定したと発表しました。プレスリリースによると、この選択のベースは企業家支援のためのエコシステムの強さにあり、中でも技術や製造といった先進的な分野で革新的な企業や専門知識にアクセスできることが大きなポイントでした。

マスチャレンジは現在、ボストン、ロンドン、エルサレムに拠点を置いています。今度は新しくレマン湖地域をベースに世界のスタートアップを引き寄せ、スイスのユニークなイノベーション文化や優れた高技術へのアクセスを可能にしたいと考えています。創立者でありCEOでもあるジョン・ハートホーン氏は次のように期待を述べています。「スイスは革新や産業において定評のあるリーダーだ。世界にあるわが社の他のハブと連結していることもあり、新しいアクセラレーターは、オープンイノベーションやコラボレーション、スイスにおける起業家精神のエコシステムを劇的に拡大するだろう。また、マスチャレンジの欧州ネットワークもさらに充実させてくれるはずだ」

マスチャレンジ・スイスの2016年プログラムのアプリケーションは、2016年2月10日にオープンします。最初のプログラムは同年6月から10月までの予定です。

共有する

関連コンテンツ