ファクトシート

法人税 – 低い税率で魅力的なビジネス拠点

スイスは税率が非常に低い国であるため、国際企業にとって魅力的な進出先です

納税申告のデジタル化

2018年のPwCによる税率の低い国家の比較調査では、スイスはアイルランドに次いで世界的に最も好ましい法人税率となっています。スイスの平均税率は17,85%であり、最低が11.5%です。

それと対照に、英国、スウェーデン、オランダ、ルクセンブルク、ドイツ、並びにフランス等に拠点を置く企業ははるかに高い法人税率の対象となっています。スイスの租税制度は国の連邦構造を反響するので、州ごとに実効税率が異なり、11.5%から18%に及びます。連邦レベルでは、株式会社及び合資会社には現在8.5%の法定税率が適応されています。に適用予定の改正が施行されるまで、公益法人、財団、その他投資信託などには引き続き4.25%の税率が適応されます。スイス在住の法人、並びに個人はこうして企業と官庁間の良い関係の他、数多くの二重課税防止条約から利益を得ることができます。さらに、スイスの7.7%という付加価値税率はヨーロッパで最低レベルです。

リンク

もっと読む
共有する
ご希望の連絡方法を選択してください